賃貸で家財保険に加入しないと、万が一の場合自費対応となります。

大手賃貸物件が管理している物件に入居する場合、家財保険は入居条件に設定されているケースが圧倒的に多いです。
家財保険は、万が一お客様が「過失」によって、重大な破損や汚損を発生させてしまった場合、免責はあるものの、高額になりがちになる修理費用の殆どを保険でカバーしてくれるので、とても安心な保険と言えます。
ただ本日当物件を管理している管理会社担当者から、驚くべき連絡がありました。

それは、とある大手管理物件に入居されているお客様が過失を起こし、漏水を発生させてしまい、階下の部屋の天井が濡れてしまったとのことですが、実はこのお客様は「家財保険未加入」だったために、全額自己負担で修繕費用を出さないといけないことになってしまったとのことです。

当物件を管理している管理会社においては、契約時に
・管理会社が指定する家財保険
・民間の家財保険
のどちらかに必ず加入することになっていますが、今回のケースは大手管理会社が管理している物件であるのにも関わらず、家財保険未加入状態となってしまったことについて、おそらく多くの方が疑問に思っているはずです。

実はこの物件、数年前に管理会社が「町の不動産屋さんから大手管理会社」に切り替わったのですが、前の管理会社において、どうも「家財保険」に加入していないく、切り替えた後も家財保険には入っていなかったとのことでした。

もし家財保険に加入していた場合、100%の確率で保険適用になる事例となることから、免責部分はあるものの、お客様負担はほぼないと言っても過言ではありません。

物件管理している管理会社が変更された場合で、変更前に家財保険未加入状態でも「保険に加入すること」は可能となるので、現在家財保険に加入されていない方は、ぜひこの機会にご加入ください。

家財保険で対応できる保証とは下記のとおりです。
*借家人賠償責任:建物・部屋全般に対する補償
*家財保険:自分の財産を補償してくれる
*個人賠償責任:故意による汚損や破損によって、被害者の家財などを補償

家財保険は「掛け捨て」となってしまうものですが、万が一故意によって破損や汚損を発生させてしまっても、保険で対応できると思えば、損はしないはずですので、現在もし家財保険に加入していないお客様は、この機会に是非ご加入ください。