「薬用植物園」にてカメラ撮影教室を初開催 プロ写真家の太田眞氏を講師に招聘

近畿大学薬学部(大阪府東大阪市)は、平成30年(2018年)5月26日(土)に、「薬用植物園」にて、カメラ撮影教室を開催します。講師には、日本写真家協会会員で写真事務所アトリエMA主宰の太田眞氏をお招きします。

【本件のポイント】
●講義や実習の場として活用している本学薬用植物園にて、カメラ撮影教室を開催
●プロ写真家で、撮影指導も行っている太田眞氏を講師に招聘
●後日、作品講評会を実施し、参加者が撮影した写真のアドバイスを受けることができる

【本件の概要】
近畿大学薬学部薬用植物園では、現在400種以上の薬用植物を栽培し、薬学部の講義や実習の場として活用しているほか、平日には一般公開もしています。今回、「薬用植物をきれいに撮ろう」と題して、プロ写真家の太田眞氏をお招きし、カメラ撮影教室を開催します。一眼レフカメラ等のある程度の知識があることを前提とした内容ですが、どなたでも参加していただけます。
また、6月7日(木)に再度太田氏をお招きして、作品講評会を実施します。その際、今回撮影した写真を持参していただければ、評価やアドバイスを受けることができます。

■日  時:平成30年(2018年)5月26日(土)13:30~15:30(13:00~受付)
      ※雨天の場合は、室内にて座学を中心とした内容になります。
■場  所:近畿大学薬学部 薬用植物園
      (東大阪市小若江1丁目9番7号、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約8分)
■対  象:一般の方(要事前申込、入場無料)
■定  員:先着30人 ※希望者には薬草の苗をプレゼント
■持ち物 :一眼レフカメラ、三脚等
      (マクロレンズ、中間リング等接写撮影可能な機材が望ましい)
■申込方法:住所、氏名、メールアドレスまたは電話番号を明記の上、FAXまたはメールにて申込
      FAX(06)6730-6278 E-mail:yakuso@phar.kindai.ac.jp
■お問合せ:薬用植物園(薬学部事務部) TEL(06)4307-3058

【講師プロフィール】
氏名:太田 眞(おおた まこと)
経歴:山形県米沢市出身
大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業
同学研究室勤務、非常勤講師を経て、アトリエMA主宰
内外の自然風景、風・人間の撮影を主とし、作品制作、撮影指導を中心に活動中
日本写真家協会(JPS)会員 ナニワフォトアカデミー講師
大阪府高齢者大学校カメラ芸術応用科講師

【薬用植物園】
薬用植物園は、昭和29年(1954年)の薬学部創立と共に東大阪キャンパス内に設立されましたが、平成27年(2015年)7月、近鉄長瀬駅から近畿大学に繋がる近大通り沿いに移設し、新たに開園しました。薬用植物を管理栽培し、生きた生薬標本として薬用資源学、天然物薬化学、漢方薬学などの講義や生薬学実習などにおいて薬学部生の教育に活用されています。http://www.phar.kindai.ac.jp/yakusouen/

薬用植物園
薬用植物園