【ダイキン】業務用空気清浄機2機種と家庭用空気清浄機4機種を新発売

エアロゾルの捕集に有効なHEPAフィルター搭載の空気清浄機※1、機器の清潔さと設置のしやすさを向上

ダイキン工業株式会社は、吸込口に「抗菌※2プレフィルター」を新たに採用した業務用の『UV加湿ストリーマ空気清浄機』『UVストリーマ空気清浄機』に加え、より壁に近づけて設置しやすい「L字プラグコンセント」を採用した家庭用の『うるるとさらら空気清浄機』『加湿ストリーマ空気清浄機(2機種)』『ストリーマ空気清浄機』を10月26日より順次発売します。

近年、空気清浄機は安心で快適な空間づくりにつながる機器として多くの場所で使用されており、コロナ禍以降、特に店舗や商業施設などで換気を補助する機器としての導入が進んでいます。新型コロナウイルス感染対策の一環として換気の徹底が求められる中、政府は窓や換気装置がない空間において、エアロゾルを捕集できるHEPAフィルター付き空気清浄機の使用検討を推奨しています※3。今後も需要が増加すると予想される空気清浄機には、これまで以上の清潔さや安心感、設置のしやすさが求められています。

業務用空気清浄機は一般的に、不特定多数の人々が出入りする空間に設置されます。店舗や商業施設の従業員やスタッフ等が定期的な清掃を行う場合が多く、お手入れ時の安心感の確保も大切です。除菌作用が高い「深紫外線(UVC)LED」を搭載した『UV加湿ストリーマ空気清浄機』『UVストリーマ空気清浄機』は、お手入れ時に触れることが多い吸込口のプレフィルターを抗菌仕様にすることでフィルターに付着した細菌を抑制します。また、当社独自の空気清浄技術「ストリーマ」による機内の除菌効果について、従来からの加湿フィルターや加湿トレー内の水の除菌※4等に加え、通風経路となる「ファンスクロール」も除菌※5できることを新たに実証しました。

家庭用空気清浄機は、狭い室内で使用されることも多く、より効率的に設置できることが重要です。『うるるとさらら空気清浄機』『加湿ストリーマ空気清浄機(2機種)』『ストリーマ空気清浄機』は、「ストリーマ」による「ファンスクロール」への除菌効果の実証に加え、設置のしやすさを向上させるための「L字プラグコンセント」を新たに採用しました。コンセントプレートの前に置かれた機器や家具をこれまで以上に壁に近づけることができ、よりすっきりした室内レイアウトが可能になります。

当社は空調メーカーとして、高い空気清浄能力に加え、用途に応じた最適な商品をお届けすることで安心できる空気環境を提供していきます。

【価格・発売時期】

【商品の特長】

1.「抗菌プレフィルター」を新たに採用(業務用空気清浄機)

『UV加湿ストリーマ空気清浄機』『UVストリーマ空気清浄機』のメッシュ素材に抗菌剤を添着した「抗菌プレフィルター」を採用しました。空気中の大きなホコリ等を捕集するプレフィルターはお手入れ時に触れることが多い部品です。プレフィルターに付着した細菌を抑制することで、お手入れ時の安心感を確保します。

2. 電源コードに「L字プラグコンセント」を採用(家庭用空気清浄機)

『うるるとさらら空気清浄機』『加湿ストリーマ空気清浄機(2機種)』『ストリーマ空気清浄機』には、電源コードの張り出しが少ない「L字プラグコンセント」を採用。狭い隙間でも出っ張りを気にすることなく使用でき、モノや足がぶつかってコードを痛める心配も少なく安心です。機器をコンセントプレートの前に設置する場合でも邪魔になりにくく、設置しやすくなりました。

3. 通風経路である「ファンスクロール」まで「ストリーマ」で除菌(全シリーズ)

今回発売する6機種は、当社独自の空気清浄技術「ストリーマ」が生成する分解素により、機内の清潔さを保ちます。従来からの加湿フィルターや加湿トレー内の水の除菌等に加えて、通風経路である「ファンスクロール」の除菌も新たに実証しました。

【その他の特長】

壁掛キット(別売品)を新たに追加 (UVストリーマ空気清浄機、ストリーマ空気清浄機)

床に置く十分なスペースがない、人がぶつかることによる機器の転倒を避けたいなどのニーズに対応して、『UVストリーマ空気清浄機』『ストリーマ空気清浄機』専用の「壁掛けキット」を新たに追加しました。
(2022年12月発売予定)

※1
出典:厚生労働省 冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気について(2020年 年 11 月 27 日) https://www.mhlw.go.jp/content/000698866.pdf
エアロゾル:空中に浮遊するウイルスを含む粒子
HEPAフィルター:0.3μmの微粒子を99.97%除去することが可能な高性能フィルター

※2
【ACB50Z】試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構 試験番号:25021000227-1 試験方法:JIS Z 2801:2012(フィルム密着法)
試験対象:2種類の細菌 試験結果:抗菌活性値2.0以上
【ACKB70Z】試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構 試験番号:25021000227-1 試験方法:JIS Z 2801:2012(フィルム密着法)
試験対象:2種類の細菌 試験結果:抗菌活性値2.0以上

※3
出典:内閣官房 効果的な換気のポイント(2022年9月7日) https://corona.go.jp/proposal/#kanki 

※4
(加湿フィルターの除菌)加湿フィルターで捕獲したものに効果を発揮します。試験機関:株式会社食環境衛生研究所 試験番号:207811N-2 試験方法:空気清浄機に搭載した加湿フィルター上流側に菌液を接種した試験片を貼付し、25㎥(約6畳)の密閉した試験空間で運転。5時間後の生菌数を測定。試験対象:1種類の細菌 対象部分:加湿フィルター 試験結果:約5時間で99%以上抑制 試験機:ACKB70Zと同等機種(ACK70Y)で実施(ターボ運転)。
(水トレーの菌抑制)測定方式:除菌効果試験 試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第21030135001-0101号 試験方法:日本電機工業会自主基準(HD-133)の性能評価試験 にて実施。試験対象:加湿用水内の1種類の細菌。試験結果:24時間で99%以上抑制。試験機:ACKB70Zと同等機種(ACK70Y)で実施(ターボ運転)。

※5
試験機関:株式会社食環境衛生研究所 試験番号:217606N-2 試験方法:空気清浄機に搭載したファンスクロールに菌液を接種した試験片を貼付し、25㎥(約6畳)の密閉した試験空間で運転。5時間後の生菌数を測定。試験対象:1種類の細菌 試験結果:5時間後に99%以上抑制 試験機:ACKB70Zと同等機種(ACK70Y)で実施(ターボ運転)

※6
価格は事業者様向けの積算見積価格であり、一般消費者様向けの販売価格を示したものではありません

〔お問い合わせ〕
ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
大阪(06)6373-4348/東京(03)6716-0112
prg@daikin.co.jp