2023年の解析開始!CCReB GATEWAYホットワードから今年のトレンドをいち早く読み解く!(ククレブ総合研究所)

2023年も早くも1ヶ月が過ぎようとしておりますが、B2Bポータルサイト“CCReB GATEWAY”では、日々企業から発信される中期経営計画を始めとした経営資料を解析、ワードクラウド形式で表示しております。多くの企業の中期経営計画は5月から6月に集中しますが、すでに年明けから数本の中期経営計画が公表されており、本サイトにおいても解析を開始しておりますので、本稿において紹介させて頂きつつ、2023年のトレンドを読み解いていきます!

2023年のホットワード解析開始

まずは2023年に入り、数社で中期経営計画の公表がありました。これだけを持ってトレンドとは言えませんが、今年もCCReB GATEWAYではこのように、企業のビジネストレンドを“可視”して参ります。1月時点のホットワードが、今年を終えた際にどう変化していくか?この点にも注目頂ければと思います。以下、前年との比較において急激に出現率を伸ばしているホットワードをご紹介していきます。

2023年注目ホットワード1:リスキリング

昨年から数多く耳にするようになったワード、“リスキリング”!

リスキリングとは、今後の業務において必要となるスキルや技術を「学び直す」ことを言いますが、中期経営計画においても数多くの企業がこの“リスキリング”を経営戦略に織り込んでおり、対前年比で440%の増加率となっています。

リスキリングについては、電源開発株式会社(電気・ガス業)、三ツ星ベルト株式会社(ゴム製品)、株式会社ニチレイ(食料品)、DIC株式会社(化学)、芙蓉総合リース株式会社(その他金融業)など業種問わず様々な企業が経営課題として認識しており、DX(デジタルトランスフォーメーション)が日々の様々な業務に組み込まれ、そのスピードも加速していく中、多くの業種でこの変化に社員を対応させていくことを課題として認識していることが窺えます。2023年の中期経営計画ではさらに多くの企業での出現が予想されます。

2023年注目ホットワード2:人的資本

続いては、こちらもリスキリング同様出現率を大幅に伸ばしたワード、“人的資本”です。
昨年、内閣官房から人的資本に関する開示ガイドラインが発表されたこともあり、昨年末からさらに出現率が加速したワードです。

人的資本とは、人材を単なる「人」として捉えるのではなく、価値を創造する源泉である「資本」として捉えようとするものですが、今後有価証券報告書において人的資本情報開示が義務付けられることから、リスキリングと関連して経営戦略において人的資本経営を充実させることがますます重要になっていくと思われます。

人的資本については、三菱商事株式会社(卸売業)、高砂熱学工業株式会社(建設業)、株式会社日立製作所(電気機器)、株式会社サンウッド(不動産業)、株式会社ツムラ(医薬品)など、多くの業種で人的資本経営が意識されています。人的資本にも注目です。

注目ワード3:サプライチェーン

“サプライチェーン”このワードも見逃せません。
サプライチェーンについては、多様な使われ方がなされており、「サプライチェーン強化」「サプライチェーンの構築」「サプライチェーンの確立」「サプライチェーンの混乱」など、サプライチェーンを含むワードが数多くあることから前年比での比較は難しいですが、例えば「サプライチェーンの混乱」というワードをとってみると、昨対比増加率は1,837%であり、昨年前半のロシア軍のウクライナ侵攻を契機にサプライチェーンについての企業認識が大幅に変わったことが伺えます。

その他サプライチェーン系ワードとして、「循環型サプライチェーン」(丸紅株式会社)など新しいワードも出現しており、2023年の中期経営計画ではさらに多くの企業での出現が予想されます。なお、サプライチェーンの再構築に関連して、「国内回帰」についても2023年は出現数の増加が予測されます。


(続きは以下リンクよりご覧ください。)

ククレブ・アドバイザーズ株式会社 会社概要

設  立 :2019年7月
所 在 地 :〒101-0047
      東京都千代田区内神田一丁目14番8号 KANDA SQUARE GATE 8F
資 本 金 :400,000,350円(資本準備金含む)
事業内容 :AI・IoT を活用した CRE 営業支援ツールの企画・開発・販売、
      CRE アドバイザリー業務、コンパクト CRE 不動産投資・開発業務等
サ イ ト :https://ccreb.jp/

本リリース・新製品に関するお問い合わせ

ククレブ・アドバイザーズ株式会社 経営企画本部
E-mail:ir@ccreb.jp