花粉症薬「効き目の強さと眠気で比較ランキング」や「比較する方法」について公開

コロナ禍の花粉症はしっかり対策!病院でもらう処方薬の飲み薬、強くて眠くなりにくいのはどれ?

コロナ禍で迎える春の花粉シーズン。花粉症になると、くしゃみで飛沫を飛ばしたり、かゆみを感じて目や鼻を触りがちになり、コロナ感染リスクが高まります。今年は例年以上にしっかり花粉症対策をしたいですね。

花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの治療には第2世代抗ヒスタミン薬という飲み薬が中心です。
近年、いくつか新しい薬が発売されて種類が増えたことにより、効き目の強さや副作用の眠気について知りたいと思う患者さんが少なくありません。

そこで、第2世代抗ヒスタミン薬の効き目の強さと眠くなりにくさについて、比較ランキングを行いました。その結果や比較方法についてわかりやすく解説します。

強さと眠気の総合1位は「ビラノア」

2016年11月に国内で発売された「ビラノア」(ビラスチン)が、効き目と眠気の総合ランキングで1位になりました。

ビラノア錠20㎎
ビラノア錠20㎎

1位になった理由は?その他のランキングは?詳しくは以下の記事をご覧ください。


第2世代抗ヒスタミン薬とは?

抗ヒスタミン薬は、花粉症の症状を起こす原因物質ヒスタミンをブロックする薬です。

その抗ヒスタミン薬は第1世代と第2世代に分類されます。古くに開発された第1世代は、眠気・だるさ・学習や作業効率の低下・口の渇きといった副作用が起きやすい特徴がありました。効き目を落とさずにそれらを改善したのが第2世代抗ヒスタミン薬です。

●第2世代抗ヒスタミン薬 発売年月、後発品や市販薬の有無

第2世代抗ヒスタミン薬 販売年月 後発品・市販薬の有無
第2世代抗ヒスタミン薬 販売年月 後発品・市販薬の有無

【2021年版】最新&おすすめ花粉症対策グッズとは?

最新&おすすめ花粉症対策グッズ
最新&おすすめ花粉症対策グッズ

2021年シーズン向けに新発売された商品などの中から、花粉による鼻・目・皮膚、喉のお悩み役立つ、おすすめの花粉症対策グッズをご紹介します。詳しくは以下の記事をご覧ください。

花粉症クエスト
花粉症クエスト

『花粉症クエスト』(https://kafunq.com)は花粉症などのアレルギーに関する情報を提供するインターネットサービスです。NPO法人花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会との共同企画である「名医が教える!花粉症の治し方」、順天堂大学 伊藤潤先生が監修する「アレルギー辞典」、埼玉大学と共同で実施している「都内の花粉飛散情報」など、花粉症やアレルギーの予防や治療に役立つ情報を配信してます。