マクニカ、データプライバシーを重視した生成AI・大規模言語モデル(LLM)の 企業利用促進に向け「Private AI」の取り扱いを開始

株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、生成AI及び大規模言語モデル(LLM)の企業利用を促進するため、Private AI Inc.(本社:Toronto Canada、日本代表:後藤 元気、以下Private AI)と販売代理店契約を締結したことを本日発表いたします。これにより、高いプライバシー保護とともに、あらゆる企業の生成AI・大規模言語モデル(LLM)活用とDX推進に貢献します。

■背景と目的
ChatGPTに代表される生成AIは様々な領域で生産性向上に寄与すると言われており、多くの企業が生成AIの業務活用を試みている中、プライバシーに関してAIが悪用されるリスクへの対処は喫緊の課題となっています。特に、個人情報保護法上の考慮事項は多岐にわたり、細やかな配慮が求められます。

■Private AIの特徴
Private AIは、ユーザーが大規模言語モデル(LLM)に情報を入力する際、また自社データを使ってモデルのファインチューニングをする際に、独自の機械学習アルゴリズムを活用して機密情報や個人を特定できる情報(以下PII)を自動的に編集し、データプライバシーを確保したAIの利用を可能にするサービスを提供しています。このサービスは、日本語を含む52か国の言語に対応し、50以上のデータ種別に対応しています。特筆すべきは、単なるルールベースではなく、大量のデータでトレーニングされたAIによってPIIを検出しており、その精度が非常に高い点です。さらに、Private AIはPIIだけでなく、個人保健情報(PHI)やクレジット情報(PCI)など、高度な機密性を要する情報にも対応しています。また、日本独自のデータ種別(マイナンバーや日本の住所など)にも対応しています。これにより、国際的かつ多岐にわたる利用環境で、高いデータプライバシーを確保しながらAIテクノロジーの恩恵を最大限に享受できる点がPrivate AIの強みとなっています。

<生成AI・LLMの利用促進におけるテキスト匿名加工技術「Private AI」>

<4つの特徴>

マクニカは、この度の提携により、高度なデータプライバシーの確保とデータに基づく戦略的なインサイト提供を同時に実現することで、お客様の生成AI・大規模言語モデル(LLM)活用を促進していきます。
マクニカでは、これまでお客様のデータ・AI利活用を、データ化からデータを使った予測まで幅広い製品をワンストップで提供してきました。データ利活用を推進するためのソリューションとして、Splunk(データ分析プラットフォーム)、データブリックス(データインテリジェンスプラットフォーム)、brighter AI(次世代映像匿名加工技術)、TripleBlind(秘密計算を活用したプライバシー保護)、TieSet(連合学習を活用したエッジコンピューティング技術)といったラインナップを揃え、お客様の要望や課題に沿った環境を実現しています。今回のPrivate AI(次世代テキスト匿名加工技術)を提供することで、お客様がより幅広く最大限企業のデータ・AIを利活用できるよう支援してまいります。

<マクニカのデータ利活用を推進するためのソリューション>

Private AI Inc. 日本カントリーマネージャー 後藤 元気 氏は次のように述べています。
「生成AIなどをはじめとするAIの分野は日々指数関数的に進化しており、私たちの日々の生活においても多くの接点を持つようになりました。AIとプライバシーを共生させる上で、Private AIは市場から多くのニーズがありながらも新しいコンセプトの製品です。マクニカは私たちのような新しい製品を市場に根付かせる優れたディストリビューターです。AIとプライバシーにおいて今後の日本市場をリードしていく上でこの度のパートナーシップ提携はとても不可欠なものです。」

【製品の詳細はこちら】
URL:https://www.macnica.co.jp/business/ai/manufacturers/privateai/
【製品に関するお問合せ先はこちら】
株式会社マクニカ Private AI担当
TEL:045-476-2010
E-mail:private_ai-sales@macnica.co.jp


※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご承知ください。

Private AI Inc.について

Private AIはプライバシーと機械学習の専門家により2019年に設立されたトロントに本社を置くテクノロジーカンパニーです。
独自の機械学習アルゴリズムを用いてテキスト、PDF、文書、トランスクリプト、大規模言語モデル(LLM)などへ52以上の言語で、50種類以上の個人を特定できる情報(PII)を検出、再編集、置換します。近年企業が取り扱うデータ流通は日々増えていますが、Private AIによりAIの運用やデータ分析の際に個人情報保護法やGDPRなどの法における個人情報を、個人識別符号を含めて網羅的にリアルタイムで必要な処理をすることができます。日本へは2023年9月に進出し、ガートナー社のプライバシー分野におけるCool Vendors 2023に5社中の1社として選出されています。

■ 会社名:Private AI Inc.
■ 設 立:2019年
■ 本社所在地:Toronto, Canada
■ 代表者: Patricia Thaine、Pieter Luitjens
■ ウェブサイト:https://www.private-ai.com/

株式会社マクニカについて

マクニカは、半導体、サイバーセキュリティをコアとして、最新のテクノロジーをトータルに取り扱う、サービス・ソリューションカンパニーです。世界23か国/地域81拠点で事業を展開、50年以上の歴史の中で培った技術力とグローバルネットワークを活かし、AIやIoT、自動運転など最先端技術の発掘・提案・実装を手掛けています。
マクニカについて:www.macnica.co.jp