モーリシャス沖で日本の貨物船座礁 重油が漏れ、サンゴ礁やマングローブに影響か。

Bye Bye Plastic Bags Kyoto 公式 YouTube チャンネルで詳しく解説しています。


モーリシャスで何が起こったのか。

風光明媚で自然豊かなインド洋に浮かぶ国、モーリシャスで一体何が起こったのでしょうか。

7月25日夜、日本の大型貨物船がモーリシャス沖で座礁し、燃料が漏れ出した。8月6日、モーリシャスの環境省が「危機的な状況だ」と声明を発表し、翌日の7日に貨物船を所有する造船の広報担当者が事故が起こったことを明らかにした。
(#12 緊急特番 日刊びびぴび《1分でわかる!環境ニュース》より)

乗組員がWi-Fiを求めて座礁?

モーリシャスの地元メディアによりますと、座礁した貨物船の乗組員がWi-Fiに接続するため陸に近付いたと話していることが分かった。こうした一連の行動が原因で貨物船が航路を外れ、座礁した可能性がある。
(#12 緊急特番 日刊びびぴび《1分でわかる!環境ニュース》より)

「モーリシャス沖座礁事故」のその他の情報は、Bye Bye Plastic Bags Kyoto 公式 YouTube チャンネルで。

#12 緊急特番 日刊びびぴび《1分でわかる!環境ニュース》より (2020年8月14日投稿)

#16 緊急特番 日刊びびぴび《1分でわかる!環境ニュース》より (2020年8月18日投稿)


Bye Bye Plastic Bags Kyoto 公式 SNS

《YouTube》

Bye Bye Plastic Bags Kyoto 公式 SNS YouTube チャンネルでは、「毎日」「実際に報道された」「最新」の環境ニュースを投稿しています。

日刊びびぴび《1分でわかる!環境ニュース》ぜひご覧ください。


《Instagram》

日刊びびぴびのダイジェスト版「週刊びびぴび」も毎週投稿しています。


《Twitter》

毎日1つ、環境ニュースへのコメントをつぶやいています。


Bye Bye Plastic Bagsとは

「プラ袋フリー」をモットーに、若者からアクションを展開していくことをビジョンとし、環境教育やイベント、キャンペーンなどを行う団体です。私たちは、その京都支部であり、特に観光地でのプラ袋のあり方などを追求しているほか、イベントの開催や、SNSの運営(YouTubeでの毎日投稿)などを行なっております。これからも頑張っていきます!!