noteで人気の坂口恭平さんの連載が書籍化!『躁鬱大学 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません』が4月28日に発売されます

メディアプラットフォームnoteで坂口恭平さんが連載した「躁鬱大学」が、『躁鬱大学 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません』として新潮社から4月28日(水)に発売されます。本書は、躁鬱病と診断された坂口さんが試行錯誤を重ねるなかで見つけた、自分や気分の浮き沈みとの付き合い方をまとめた一冊です。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『躁鬱大学 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません』

誰にも言えない悩みだと思っていたのに、そうじゃなかった!?

31歳で躁鬱病と診断され、気分の浮き沈みの激しさに苦しんでいた僕がみつけた、ラクに愉快に生きる技術。みんな、人からどう見られるかだけを悩んでいる。鬱のどうにもならない落ちこみ、自己否定をどう扱うか。はたまた躁の周囲を疲れさせてしまうほどに過剰なエネルギーをどうするか。自らの経験をもとに、ユーモアあふれる対処法を徹底講義!

著者・坂口恭平さん

1978年熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。卒論をもとに日本の路上生活者の住居を収めた写真集『0円ハウス』を2004年に刊行。その後、『TOKYO 0円ハウス 0円生活』『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』を発表し、「都市の幸」をもとに金を使わず生きる術を示す。東日本大震災後の2011年5月、故郷熊本で独立国家の樹立を宣言し、新政府総理大臣に就任。その経緯と思想を綴った『独立国家のつくりかた』が話題となった。その他に、『幻年時代』『徘徊タクシー』『現実宿り』など著書多数。文筆のほか、音楽、美術の分野でも多彩な活動を行う。
note:https://note.com/kyoheisakaguchi
Twitter:@zhtsss

著者・坂口恭平さんのコメント

『躁鬱大学』が出版されます!
noteで突然はじめた躁鬱大学。大学を創設するのは僕の長年の夢でした。何度も躁状態になり、僕は大学を作ろうとしてきました。そのたびに鬱になりました。そんな大変な日々を過ごしていく中で、僕は少しずつ、自分で自分を治す方法を覚えていきました!その結果、今では病院を卒業し、薬も飲まずに、躁鬱人として生きる道を見つけました。

日本全国の気分の波が激しくて悩んでるみなさん!お待たせしました!
躁鬱大学が開講します!

あなたが少しでも穏やかに暮らせるように。きっとこの大学の中にそのヒントが隠されているはずです。あなたも病気から抜け出し、自分なりの健康を見出してください!きっと楽しいキャンパスライフが待っているはずです。

書誌情報

書名:躁鬱大学 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません
著者:坂口恭平
発行:新潮社
定価:1,760円
ISBN-10:4103359536
ISBN-13:978-4103359531
版型:四六判
頁数:272頁


note

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約1500万件の作品が誕生。会員数は380万人(2021年3月時点)に達しています。
https://note.com/
iOSアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/note-noto/id906581110
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note

note株式会社

わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・noteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、サークルでファンや仲間と交流したり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を販売をしたり、note proを活用して企業や団体が情報発信をしたりしています。コンテンツ配信サイト・cakesも運営しています。

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階 
設立日:2011年12月8日 代表取締役CEO:加藤貞顕 コーポレートサイト:https://note.jp