令和3年度 「蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した 次世代技術構築実証事業」の採択について

再生可能エネルギーの普及と仮想発電所(VPP)構築を目指す、株式会社メディオテック(本社:東京都新宿区、代表取締役:松本秀守、以下「当社」)は、経済産業省が一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)を通じて公募する実証事業「令和3年度 蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業(以下 本実証事業)」の「ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証」およびに「再生可能エネルギー発電等のアグリゲーション技術実証(以下「再エネ発電等のアグリゲーション技術実証」)」に採択されましたので、お知らせします。「ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証事業」につきましては、当社が採択されたのは2度目となります。

1. ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証

本実証事業は、日本卸電力取引所(JEPX)のスポット価格に連動し、電動車へ充電するタイミングをシフトする仕組みの拡大を目指し、電動車ユーザーに経済性のある電動車利用支援アプリと小売電気料金メニューの開発実証を進めて参ります。

本実証事業は昨年度に引き続き参加となります。昨年度の取り組みで得られた知見をもとに、今年度はダイナミックプライシングの価格提示を行い需要家に自発的な行動変容を促すだけでなく、「どのタイミングで充放電を行うことが最も経済性が出るか」といった具体的な提案や、直接の機器制御などより踏み込んだ内容に取り組むことを想定しています。

2. 再エネ発電等のアグリゲーション技術実証

再エネ発電等のアグリゲーション技術実証は、再生可能エネルギー発電設備や蓄電池等の「分散型エネルギーソース(以下 DER *1)」を束ねて、集約した電気を自社で活用または取引市場等を通じて小売電気事業者等に供給するアグリゲーションビジネスの展開に向けた取り組みです。

*1)DER=Distributed Energy Resourcesの略で、需要家の受電点以下に設置されるリソースに加えて、系統に直接接続される発電設備、蓄電設備等の分散型エネルギーリソースを総称するもの

太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーは今後、FIT制度に変わるFeed in Premium(FIP)導入等によりさらに変動性が高まるであろうと予測されています。そこで発電量と蓄電池等のDERを組み合わせ、電力の需給バランス確保をするための発電量予測やリソース制御に必要となる技術の実証を行います。

当社は本実証事業に、SBエナジー株式会社をリーダーとするコンソーシアムに、再エネアグリゲーターとして参画します。

具体的には以下の二項目の実証を共同で行います。

a. 発電バランシンググループにおけるインバランス回避に向けた実証

コンソーシアムに参画する企業が各々運転する、各地の再生可能エネルギー発電設備を中心とした低圧、高圧発電所の発電データを用いたAIによる発電量と卸市場価格に関する高精度予測システムにより、インバランス発生量と蓄電池充放電可能量を試算することで、蓄電池の最適な充放電計画制御ロジックの検証を行います。

b. 再生可能エネルギー発電設備や蓄電池を活用した市場取引での収益拡大に向けた実証

AIによる高精度予測システムと連携した、DER制御システムの開発により、インバランス回避や市場取引での収益拡大の2種類の動作のマルチユース制御を行い、経済性を検証します。

▶ 再エネ発電等のアグリゲーション技術実証の図解

以上、二つの分野における実証事業を推進し、2022年1月末までに完遂する予定です。今後当社は実証事業で得た知見を基に、地球にやさしく地域に安全な電力供給を可能にする「VPP開発事業」を推し進めて参ります。

株式会社メディオテック 概要

社名      :株式会社メディオテック
設立      :1996年7月
資本金     :9,596万円
代表取締役   :松本 秀守
本社      :東京都新宿区新宿1-28-11 小杉ビル8F
URL      :https://mediotec.co.jp
主な事業内容  :再生可能エネルギー事業
        :ダイナミックプライシング電力事業
        :VPP EMS事業
        :再エネファンド事業
        :福島復興支援事業

【本件のお問合せ先】

株式会社 メディオテック
電力事業本部 担当:松井
メール:s_matsui@mediotec.co.jp
TEL:03-6866-5566