絶景 紅葉の北アルプスを一望。白馬五竜高山植物園と気軽に歩けるアルプス平自然遊歩道

 日本百名山のひとつ五竜岳の裾野に位置する標高1,676mの「地蔵ケルン」周辺、アルプス平自然遊歩道の紅葉が見ごろを迎えました。2021年の紅葉は例年より数日早い印象です。アルプス平遊歩道は、木道で整備され気軽に北アルプスの紅葉を楽しめる人気のコースです。
 アルプス平自然遊歩道へは、白馬五竜ゴンドラテレキャビン山麓駅から約9分、さらにチェアタイプのリフトで約10分でアクセスできます。
 アルプス平遊歩道から標高2,007mの小遠見山までのトレッキングコースは、約90分。地蔵ケルンよりもさらに紅葉が進んでいると予想されます。
 アルプス平遊歩道より下、白馬五竜高山植物園では、ノコンギク、トリカブト、マツムシソウなど秋の高山植物が見頃です。
 ゴンドラ線架の紅葉は、10月の10日前後の予想です。

ゴンドラ料金:(2021年10月31日まで)
大人 ゴンドラ往復 2,000円 
   ゴンドラ往復+アルプス展望リフト 2,400円(アルプス展望リフトは、10月2日、3日、9日、10日のみ運行)
小学生 大人の半額 
未就学児 無料
高山植物園の入場料は無料です。

公式サイト(https://www.hakubaescal.com/shokubutsuen


【会社概要】
会社名:株式会社五竜
代表:伊藤英喜
所在地:〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城22184-10
事業概要: 冬から春にかけてリフト、ゴンドラ、レストラン、売店等の施設をスキー場として営業。また夏から秋にかけて山や高山植物園の観光施設として営業しておリます。

【新型コロナウィルス感染防止対策】
白馬五竜高山植物園では、地域社会、お客様、スタッフの安全と健康を守るために新型コロナウィルス感染防止対策を講じて営業いたします。ゴンドラ乗車、パブリックスペースの三密回避、消毒、二酸化炭素濃度計測機を用いたレストラン内の換気対策を徹底しております。当該イベントご参加者にも細心の注意をはらっていただき、マスクのご着用、検温、消毒のご協力をお願いしております。

【白馬五竜高山植物園の環境理念とSDGs】
当社は、自然環境に恵まれた北アルプス・五竜岳の尾根から山麓にかけて、スキー場を開発してまいりました。2008年世界標準の環境マネジメントシステム認証ISO14001を取得、 環境負荷の低減に取り組むことは勿論のこと、自然回帰に努力する等、地球環境の保全に配慮した事業活動を積極的に展開することで「持続可能な開発目標」(SDGs)に賛同します。引き続き、地域社会と自然環境の調和を図り且つ、会社の合理的・効率的経営に結びつけサスティナブルな取り組みを進めてまいります。
 現在(公社)日本植物園協会、環境省などと連携し、絶滅の危機に瀕した高山植物の保全を目的とした栽培、環境調査や、高山植物の栽培技術を活用し、雷鳥の餌資源の栽培に取り組んでいます。また、スキー場ではナイタースキーゲレンデのリフト稼働、降雪機、ナイター照明をすべて再生可能エネルギー100%で運営しています。
お客様の満足度を常に考え「最高のサービスと感動」をモットーに、お客様から信頼される企業になるよう努めてまいります。 詳しい取り組みについてはHPをご覧ください。 https://www.hakubaescal.com/general/environment3.html