【日本初!】シャベル投げ「SHOVEL THROWING」を「やってはいけないことができる施設"REEAST ROOM" 池袋店」にて提供スタート!

株式会社BrickWall(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河東誠)は、「やってはいけないことを、より楽しく、よりFUNNYに!!」をコンセプトにした新感覚アミューズメント施設 "REEAST ROOM 池袋店" にて、シャベル投げ "SHOVEL THROWING” の提供をスタートすることをお知らせします。

▼REEAST ROOM 池袋店-公式サイト
https://reeastroom.com/

■ ハマる爽快感!シャベル投げ "SHOVEL THROWING” とは?
シャベル投げ "SHOVEL THROWING” とは、シャベル(スコップ)を木の的に投げて得点を競い合う新感覚エンタメスポーツとなります。

斧投げ "AXE THROWING" のオプションになり、1人800円を支払うことで利用することができます。

その他オプションとして手裏剣、スローイングナイフ、チャクラム、トランプ、ククリナイフ、バットマンナイフも投げることが可能となります。これらのオプションはどれも馴染みの無い非日常性の高さがあり、とても人気なオプションとなります。
一方でシャベルは誰でも一度は触った経験があり、比較的その他オプションよりも身近な物になります。
一般的にシャベルは日常的な用途では"投げてはいけない物"ですが、斧投げ"AXE THROWING"で利用することで、日常では許されない"シャベルを投げて遊ぶ"ことができます。その"日常では許されない遊び"を思う存分楽しむ背徳感と刺さったときの何とも言えない"ハマる爽快感"を味わうことができます。

■ REEAST ROOMとは
「やってはいけないことを、より楽しく、よりFUNNYに!!」をコンセプトにした新感覚のアミューズメント施設です。現在は物壊し"BREAK ROOM"、斧投げ"AXE THROWING"、落書きし放題”FREE ART WALL”、暗闇で物が壊せる"NEON SMASH"、エンタメバー"REEAST ROOM BASE"の5つのサービスを展開しています。これらの「日常ではやってはいけないこと」をエンタメコンテンツとして提供していくことで、誰でも一度は思ったことがある「やってはいけないことがしたい」という本能的欲求を、"楽しく、FUNNUYに"、満たすことが許される唯一の空間を創造し続けます。

【店舗名】
REEAST ROOM 池袋店
【住所】
東京都豊島区東池袋1-44-17
​【アクセス】
JR「池袋駅」東口から徒歩5分ほど
【公式サイト】
https://reeastroom.com/

■ 会社概要
株式会社BrickWallは「ワクワクで、人類をつなぐ。」をMISSIONに掲げたスタートアップ企業です。

会社名:株式会社BrickWall
設立:2019年1月25日
代表取締役CEO: 河東 誠
所在地:東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
事業内容:アミューズメント事業、飲食事業