受賞速報【株式会社クロシェ】プレスリリースアワード2021で420件のエントリーから特別賞に

「ここち良さを、あたらしい視点から」をスローガンに掲げるクロシェが、プレスリリース発信文化の普及と発展のための「プレスリリースアワード」で特別賞を受賞しました。

クロシェはプレスリリースアワード2021特別賞を受賞しました
クロシェはプレスリリースアワード2021特別賞を受賞しました

レディースアパレルの株式会社クロシェ(代表取締役:沼部 健、本社:神戸市中央区=以下、クロシェ)は、2021年12月、「プレスリリースアワード2021」において、「特別賞」を受賞いたしました。

“革新”と賞された「特別賞」受賞のポイントを審査員のコメントから

クロシェが今回受賞したのは、イノベーティブ賞やインフルエンス賞などの部門には当てはまらないが表彰したいプレスリリースや発表者の行動を讃える賞として、「特別賞」です。
どの点において「特別賞」を受賞したか、審査員のコメントを紹介します(50音順)。

審査員 浅岡基靖様 株式会社BSテレビ東京 チーフプロデューサー

素材メーカーのつくったBtoC商品という難しい商材をあつかったリリース。すぐれた機能を伝えることはもちろんだが、「一度、試してみたい」と思わせられるかがカギ。その点、このリリースは「記憶する靴」「体温を感知して触れた部分をやさしく包み込んでくれる新しい素材」など気になるワーディングが見出しに並べられていて、まず、なんだろう?と感じさせる。読み進めると、「忙しくて小走りに駆ける時」「立ちっぱなしの日」痛くなりづらいパンプスという日常のリアルに「そうそう!」と共感したくなる内容。極めつきは新素材の機能を紹介した動画。履いたことがないのに、きっとこんな履き心地なんだろうなぁと想像させてくれるリリースはそうそうない。(コメント原文掲載)

審査員 井上岳久様 井上戦略PRコンサルティング事務所代表

数年かけて開発した渾身の画期的な商品を上手に訴求。わかりやすい動画を駆使して伝えているのも良い。(コメント原文掲載)

審査員 浦野有代様 株式会社宣伝会議 月刊『広報会議』編集長

広報戦略全体におけるリリースの役割、タイミングを決めている施策です。発売時には、グローバル素材メーカーと調整のうえ同時リリースを配信。商品シリーズ第2弾で、第1弾との差も分かるようにしています。後日の番組放映で、視聴者から検索が増えることを見据え、キーワードを選定。エンドユーザーがリリースからECへ流れる導線を作っている点が、従来の情報流通とは異なるところから革新賞に推しました。(コメント原文掲載)

特別賞を受賞した【farfalle CLASSICAL(ファルファーレクラシカル)】新商品発売時のリリース

クロシェのプレスリリース「farfalle CLASSICAL meets HUMOFIT(R)」キービジュアル
クロシェのプレスリリース「farfalle CLASSICAL meets HUMOFIT(R)」キービジュアル
三井化学のプレスリリース「farfalle CLASSICAL meets HUMOFIT(R)」キービジュアル
三井化学のプレスリリース「farfalle CLASSICAL meets HUMOFIT(R)」キービジュアル

クロシェのプレスリリース(写真上)ではパンプス「ファルファーレクラシカル」、三井化学(写真下)では新素材「ヒューモフィット(R)」がそれぞれ主軸となるクリエイティブを採用しました。

2021年6月18日、クロシェはファルファーレクラシカルから7センチヒールタイプのパンプス「7センチマイン」を発売しました。この商品は、前年秋にブランドローンチし発売した4センチヒールの「マインナンバーワン」に続いて、靴のインソールに三井化学株式会社(代表取締役:橋本 修、本社:東京都港区=以下、三井化学)の新素材、ヒューモフィット(R)を使用した画期的なパンプスです。

三井化学とクロシェが同時に発表したプレスリリースについて

プレスリリースは、クロシェと三井化学がそれぞれの立場や視点で同時に発表しました。
クロシェでは新商品の良さや、履くシーン、またヒューモフィット(R)を採用することで、どのようなベネフィットがあるかなどがユーザーに伝わるようヒューモフィット(R)の紹介動画も配置し、工夫しました。
三井化学では、ヒトの体温に反応してカラダになじむヒューモフィット(R)の特殊機能を、「靴」に使用した際の利点について伝えるプレスリリースを発表しました。測定結果のデータを用いるなどし、新素材にフォーカスをあてた内容でした。

同じ商品について、別のプレスリリースからアプローチすることで相乗効果を狙い、約1か月後に放送のテレビ番組『日経スペシャルガイアの夜明け~魔法の服と靴』放送後の視聴者の検索対策なども行いました。

受賞コメント

◆沼部美由紀/株式会社クロシェホールディングス代表兼ファルファーレブランドディレクター
このたびは名誉ある賞をありがとうございます。今回のプレスリリースは三井化学様と同時にリリースして最大効果を狙うという、クロシェでは初めての試みでしたが、素晴らしい効果が見られたと実感しています。新素材をベースに一緒に商品を作り上げてきただけでなく、テレビ番組を通してその過程をたくさんの方に見てもらえて、その後の広報・PR戦略の協力体制を快く引き受けてくださった三井化学の皆さまと「ガイアの夜明け」番組制作チーム、またクロシェの全スタッフにも感謝いたします。

◆村岡乃里江/株式会社クロシェ 業務推進室長(広報担当)
商品づくりから一緒にやってきた三井化学さんから、「プレスリリースを同時に配信しましょう」とおっしゃっていただいたことからこのリリース作成がスタートしました。毎回プレスリリースを書く時には、誰に読んでもらいたいかをまず設定していますが、今回は約1か月後のテレビ番組『ガイアの夜明け』でこの商品がフォーカスされることが決まっていたので、一般の視聴者を想定しました。文章を書いているうちに熱が出てくるのですが、想定した読者以外にも目に触れた人にきちんと伝わるか、客観的に読み返して推敲しています。個人的なことですが、沼部美由紀代表は私が文章を書くことに対して時に厳しく、いつも応援して励まして褒めてくれるので、このたびの受賞の知らせをまず伝えました。ありがとうございました。

◆香川あゆみ/株式会社クロシェ ファルファーレEC担当兼MD
この度は名誉ある賞をありがとうございます。
このような賞を頂けたのは、三井化学広報担当者さま・弊社広報担当村岡をはじめ、多くの皆様のご協力あってのものだと思っております。本当にありがとうございました。
これからも分かりやすく、興味を持っていただける商品紹介に努めるとともに、女性の悩みや気持ちに寄り添う靴を世に送り出していきたいと思っております。

◆西川茂雄様/三井化学株式会社 フード&パッケージング事業本部企画管理部 新製品開発グループリーダー
この度は、プレスリリースアワード2021特別賞、おめでとうございます。
弊社三井化学が開発し、昨年上市した新素材HUMOFIT(R)を、初めて靴用途に採用頂いたのがクロシェさんでした。まだ実績がない新素材を初めて製品に採用するのは、メーカーとしてチャレンジングなことですが、クロシェさんは果敢に挑戦され、色々ご苦労されたと聞いておりますが、見事ヒット商品を生み出されたことに敬意を表します。
新素材とそれを使用した新ブランドのパンプス、認知度を高めたい両社が効果的にアピールする手段の一つが、今回のクロシェさんと三井化学の同時プレスリリースでした。化学会社とレディースアパレル会社、事業領域が大きく異なる会社だからこそ、新しい相乗効果が生まれることを期待したワクワクする取り組みでした。この取り組みが評価され、このような素晴らしい賞を受賞されたこと、大変嬉しく思います。またやりましょう!

プレスリリースアワードとは

「プレスリリース発信文化の普及と発展のために株式会社PR TIMESが立ち上げたのが「プレスリリースアワード」です。プレスリリースを発信するという習慣が、業態・規模・地域・法人個人を問わず広がり、表現方法や用途にも発展性を持たせることを目指しており、当社は主催企業ではあるもののエントリー対象は PR TIMESご利用企業に限定しておりません。日本で発表されたプレスリリースからエントリーを受け付け、審査員も 1名を除き社外の独立した立場から審査できる 8名で構成しました。
また、当アワードには発表を担う担当者に光を当てるという目的もあります。広告作品の発表にはスタッフクレジット記載 をよく目にしますが、これまでプレスリリースにクレジット記載されることはほぼありませんでした。広報担当者を含め発表に携わる方々の活躍が伝わるアワードにしたいと考えています。」
(プレスリリースアワード事務局資料より)

お問い合わせ先
株式会社クロシェ
メール連絡先:press@cloche.jp