「ビフィズス菌 N708 タブレット」のキャンペーンキャラクターが山根くんに決定! 大切なところでお腹がしんどくなるあなたへ 成長した山根くんが乳酸菌の持つ機能などを分かりやすくお伝えします

日本アニメーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川和子)がアニメーション制作・ライセンス管理を行う「ちびまる子ちゃん」に登場するキャラクター「山根つよし」が、日清食品株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:安藤徳隆)が販売する「ビフィズス菌 N708 タブレット」のキャンペーンキャラクターに起用されました。

「ビフィズス菌 N708 タブレット」は、『お腹のつらさを和らげ、お腹の調子を整える機能』をもつ「ビフィズス菌N708株」を1粒あたりおよそ40億個配合した経口摂取用タブレットです。2022年11月21日(月)に、日清食品グループの公式オンラインストアで販売を開始いたします。

まる子が通う3年4組のクラスメイト・山根くんは、いつも大切なところですぐお腹がしんどくなってしまう男の子です。強くたくましい男になることに憧れていて、熱血になることもあるけれど、お腹のことが心配でなかなか思い切った行動がとれない。そんな山根くんが、 「ビフィズス菌N708 タブレット」のキャンペーンキャラクターに起用されました。2022年11月中旬より、ウェブ広告や屋外広告の展開をスタート。成長した姿で「ビフィズス菌N708 タブレット」の乳酸菌の持つ機能や価値を分かりやすく伝えます。

商品概要

商品名:ビフィズス菌 N708 タブレット
内容量:7.5g(250㎎×30粒)
希望小売価格:3,200円(袋/税別)
発売日:2022年11月21日(月)
販売チャンネル:日清食品グループ オンラインストア https://store.nissin.com/

参考資料

「ちびまる子ちゃん」について

「ちびまる子ちゃん」は、静岡県清水市(現・静岡県静岡市清水区)を舞台に、そこに暮らす一家・さくら家の次女である小学3年生のまる子(さくら ももこ)と、家族や友だちとの日常を、楽しく面白く、時に切なく描いた心温まる作品です。
1986年に『りぼん』(集英社)で連載を開始し、2021年に原作35周年を迎えました。原作コミックスは全18巻が発売中。発行部数は累計3,250万部を突破(デジタル版を含む)、海外版はアジア各国でも出版されました。1990年からはテレビアニメ放送もスタートし、フジテレビ系列で毎週日曜日夕方6時より放送中。中華圏をはじめとする海外でも放送され、世界中の老若男女を魅了し、長きに亘り愛され続けています。

Webサイト: https://www.chibimaru.tv/
Twitter: https://twitter.com/tweet_maruko