「強くなりたい」タイ修行がプロ意識を大きく変えた! キックボクシング元WMAF世界スーパーウェルター級王者・白須康仁 「GLORY BEYOND DREAMS」インタビュー・後編を公開!

愛する息子へ、もう一度戦う姿を見せたい

スポーツ全般、生活雑貨を中心に国内総合代理店を務める株式会社Cycle(代表:飯田 航、本社:東京都豊島区、以下Cycle)は、自社が運営するオウンドメディアで、プロのMMA・ボクシング選手を応援するインタビューメディア「GLORY BEYOND DREAMS」に、キックボクシング元WMAF世界スーパーウェルター級王者、白須康仁選手の後編記事が公開(2023/04/10(月)に公開)されたことをお知らせします。

復帰後もタイでトレーニングを行っていた(写真 : 真ん中上が白須 康仁選手)
復帰後もタイでトレーニングを行っていた(写真 : 真ん中上が白須 康仁選手)

プロ意識が芽生えたのは先輩との出会い、タイ修行の経験から

白須康仁選手のキックボクシングデビューは21歳の時。その1年前の20歳の時に初めて空手を習い始め、大きな大会でいきなり全国3位となりました。優勝候補を次々と破り、当時は相当話題になったようです。実力があったのは勿論、言わば「スピード出世」をした白須康仁選手はプロデビュー後、油断と若さもあってか、練習をさぼり夜な夜な遊びに明け暮れたそうです。
白須康仁選手がプロとして意識が芽生えたのは22歳の時。タイで活躍する先輩から「もっと練習したらお前は強くなる。しっかりやれ」と激励を受け、連れてってもらったタイで人生が大きく変わります。「先輩のように強くなりたい」。目標が見えたことで意識をもって練習に取り組むようになり、練習の成果を感じ、その後、日本チャンピオンの階段を昇りつめたエピソードを語って頂いています。

愛する息子へ、もう一度戦う姿を見せたい

キックボクシング元WMAF世界スーパーウェルター級王者、白須康仁選手
キックボクシング元WMAF世界スーパーウェルター級王者、白須康仁選手

「昨年ですが、復帰を決めた後に行ったエキシビションマッチ(対戦相手:モハン・ドラゴン選手)を間近で見た息子の表情が変わったんです」そう語る白須康仁選手の息子さん(当時6歳)はもともと感情表現が苦手で、引っ込み思案な性格だったようです。しかし試合を見てからは歌を歌い、ダンスも踊る。自分を表現することを、躊躇なく行うようになったそうです。昨年年末に大怪我をしてしまい、次の復帰戦は未定ですが、「また息子に僕の試合をみせたい」そういう思いが一層強くなったそうです。今年42歳になる白須康仁選手。K-1でベルトを取りたい、という思いに加え、いち早く、息子に戦う姿を見せてあげたい。そういう思いをインタビューでは語って頂いています。

GLORY BEYOND DREAMS「白須康仁選手・後編」:
https://sportsimpact.jp/glory-beyond-dreams-yasuhitosirasu-second-part/

ベルトを取りたいと願う全てのプロ選手を応援する「RDX® SPORTS」

イギリスで人気を博しているボクシングMMA&フィットネスブランド「RDX® SPORTS」
イギリスで人気を博しているボクシングMMA&フィットネスブランド「RDX® SPORTS」

「GLORY BEYOND DREAMS」では、チャンピオンになりたい、チャンピオンのベルトを取りたいと願うプロ選手を応援することを主旨とし、そのためにプロとは何か、プロに対する考え方などを取材するものです。第一回はDEEPでチャンピオンを目指す鹿志村仁之介選手。第二回はキックボクシング元WMAF世界スーパーウェルター級王者、白須康仁選手でした。「格闘家なら誰もが願うこと。それはチャンピオンになること。チャンピオンになるためには沢山の支援が必要で、そのためにもプロ意識が必要であると考えています。そういったプロの心構えを取材できたら」(Cycle代表・飯田航)と考えています。また「GLORY BEYOND DREAMS」は、毎月1本のペースで情報発信しています。

GLORY BEYOND DREAMS:
https://sportsimpact.jp/glory-beyond-dreams/

サプライヤー契約、インタビュー希望されるプロ選手を募集

「RDX® SPORTS」では、インタビューメディア「GLORY BEYOND DREAMS」で取材を希望される選手を募集しております。取材費用は一切かかりません。「RDX® SPORTS」では、当社が提供するアイテムのサプライヤー契約を希望されるプロ選手も同時に募集しております。
興味があるプロ選手の方は、下記のお問い合わせフォームまでお願いします。

「RDX® SPORTS」お問い合わせフォーム:
https://sportsimpact.jp/contact/

UK.売上NO1「RDX® SPORTS」とは

F6 ボクシンググローブ
F6 ボクシンググローブ
スタンディングバッグ
スタンディングバッグ

「RDX® SPORTS」は、1999年に英国・マンチェスターで誕生した格闘技・フィットネスメーカーでこれまでに累計5,000万個以上を販売するグローバルメーカーです。ボクシングは、これまでもそうですが庶民には馴染みが薄く、プロが愛用する高価格なものが主流でした。現在でもプロ用のグローブは2、3万円から10数万円するものまで存在し、強い衝撃や擦れにより消耗しやすいものです。そこで『もっとボクシングを身近なものにしたい』というメーカーの想いから、現在では世界特許まで取得した独自の製造方法によりパキスタンに自社工場を構え、丈夫で高品質、低価格なボクシング製品を作ることに成功しました。現在ではBoxing、MMA (格闘技)、フィットネスの分野で世界的に認知されるブランドまでと成長しています。「RDX® SPORTS JAPAN」としてはアマチュアスポーツ、学生スポーツを応援することをスローガンに掲げ、チャレンジとパフォーマンスに寄り添えるブランドを目指しています。

販売サイト:
・公式サイト:https://sportsimpact.shop/
・amazon公式ネットショップ:https://www.amazon.co.jp/rdx
・楽天市場公式サイト:https://www.rakuten.ne.jp/gold/sportsimpact/rdx/
・ヤフーショッピングサイト:https://store.shopping.yahoo.co.jp/sportsimpact/
・RDX SPORTS JAPAN「au PAY マーケット」店:https://wowma.jp/user/64841385

Webマガジン:
「BRIDGE OF DREAMS」:https://sportsimpact.jp/bridge-of-dreams-top/
「GLORY BEYOND DREAMS」:https://sportsimpact.jp/glory-beyond-dreams/

株式会社Cycleについて

企業名:株式会社Cycle(旧:A-Trade合同会社)
    令和3年3月1日より株式化、社名変更
所在地:東京都豊島区西池袋4-28-13 パークサイド西池102
設立: 平成29年3月1日
代表: 飯田 航
資本金:5,000,000円
事業内容:海外スポーツ・健康・アート・環境関連用品の日本国内販売、日本国内における各種マーケティングの提案、および実施、各種スポーツ関連イベント開催、海外EC関連事業 など