日本MGMリゾーツの次世代リーダー育成プログラムに学生が参加 全編英語の講義で、世界で通用するビジネススキルを養う

ラスベガスにあるMGMリゾーツの統合型リゾート "ベラージオ"
ラスベガスにあるMGMリゾーツの統合型リゾート "ベラージオ"

近畿大学キャリアセンター(大阪府東大阪市)は、アメリカ・ラスベガスで統合型リゾート事業を手掛けるMGMリゾーツ・インターナショナルの日本法人である合同会社日本MGMリゾーツ(東京都千代田区)が実施する、次世代リーダー育成プログラムに学生を派遣します。本プログラムは、令和4年(2022年)3月22日(火)~25日(金)、29日(火)、30日(水)の6日間、関西の6つの大学・大学院向けにオンラインで開催され、本学からは観光・ホスピタリティ業界に興味がある学生8名が参加します。MGMリゾーツのリーダー陣による全編英語の講義を日本にいながら受講でき、海外のリゾート事業について学びながら、世界で通用するビジネススキルを養います。

【本件のポイント】
●ラスベガスでリゾート事業を手掛けるMGMリゾーツのリーダー陣による、次世代リーダー育成プログラムに本学の学生8名が参加
●世界の観光産業やビジネスの最先端を学び、グローバルに働くために必要な国際感覚を養う
●他大学の学生と英語のディスカッションを行い、知識の共有と定着を図る

【本件の内容】
本プログラムでは、MGMリゾーツの宿泊施設部門、飲食部門、MICE(ビジネストラベル関連)部門など各部門のスペシャリストからそのノウハウについて英語でレクチャーを受け、世界の観光産業やビジネスの最先端を学び、グローバルに働くために必要な国際感覚を養います。また、IR(統合型リゾート)について、人々が安全に楽しむための「責任あるゲーミング」の啓発、環境に配慮したサステナビリティ経営、お客様に感動を与えるための取り組みを学びます。新型コロナウイルス感染症の影響で観光産業が打撃を受ける中でも、世界を舞台に勢いを増すMGMリゾーツ独自の戦略を知ることで、世界で通用するビジネススキルを養います。
なお、今回のプログラムは関西の6つの大学・大学院を対象に開催され、近畿大学、関西外国語大学、関西学院大学、京都外国語大学、京都大学経営管理大学院、立命館大学経営管理大学院から計50名の学生が参加予定です。学生同士も英語でディスカッションを行い、知識の共有と定着を図ります。

【開催概要】
日  時:令和4年(2022年)
     3月22日(火)~25日(金)、29日(火)、30日(水)
実施方法:Microsoft Teamsを使用し、オンラインで実施
参加者 :1年生2名(経済学部)
     2年生5名(法学部、経済学部、国際学部)
     3年生1名(経営学部)
     計8名
主なプログラム:3/22 開会式、IRについて
        3/23 部門別講義(宿泊施設部門、飲食部門ほか)
        3/24 部門別講義(カジノ部門)
           責任あるゲーミング開発への取り組み
           感染症パンデミック下におけるホスピタリティ業界の運営
        3/25 部門別講義(MICE部門)
           サステナビリティ経営
           英語履歴書作成講座
        3/29 グループディスカッション
        3/30 修了式
        ※ プログラムは全編英語で実施します

【合同会社 日本MGMリゾーツ】
日本の統合型リゾート市場への参入を目指し、MGMリゾーツ・インターナショナルの日本法人として設立されました。平成31年(2019年)1月には、関西の拠点となる大阪オフィスを大阪市北区中之島に開設し、両拠点をベースに日本における統合型リゾートの実現を目指して活動しています。
所在地 :東京都千代田区大手町1丁目1番1号 大手町パークビルディング 6F
代表者 :代表執行役員社長 CEO エドワード・バウワーズ
設  立:平成26年(2014年)9月
事業内容:統合型リゾートの開発、運営
ホームページ:https://www.mgmresorts.co.jp/

【関連リンク】
キャリアセンター
https://www.kindai.ac.jp/career/