折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス 「Shaero」 が「PIZZA-LA」の店舗にステーションを設置し、配達での利用に向けた取組みを開始

シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表者:畑 翼)が運営する折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス「Shaero(シェアロ)」は、株式会社フォーシーズ(本社:東京都港区南青山 代表取締役社長:淺野幸子)が展開する宅配ピザ「PIZZA-LA」の「ピザーラ 東久留米店」にステーションを設置し、折りたたみ電動バイクのピザ配達利用に向けた取組みを開始いたしました。

ピザーラ 東久留米店ヘの設置

11月16日、西武池袋線「東久留米駅」徒歩11分のところにある「ピザーラ 東久留米店」にステーションを設置いたしました。初のピザーラ店舗、また初の東久留米市でのステーション設置となり、Shaeroの他のステーション同様に一般ユーザーがご利用いただけるステーションとなっております。

配達利用に向けた運用テストを実施

ピザーラがShaeroを使った配達のテスト運用を開始いたします。設置しているステーションは、6台分の充電ポートがありますが、2台分はPIZZA-LA専用の充電ポートとなるため、4台分の充電ポートが一般ユーザー向けに開放されています。今回のテスト運用を経て、他の「ピザーラ」店舗へも設置を進めていく予定です。

Shaeroのバイクは最高速度約30km/h、ユーザーの1利用あたりの平均移動距離約9km、満充電の航続距離30km等、中距離の移動に適したモビリティとなっており、店舗に設置されたステーションで配達毎に充電することによりフードデリバリーや小型の商品の配達に用いることができます。Shaeroを店舗に設置することで、顧客が来店しやすくなるほか、飲食店が自社スタッフでの配達を簡単に行うことができるなど飲食店への設置メリットを鑑み、今後はこうした飲食店向けにもステーション設置を拡大することを目指しています。

Shaero

国内初の折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス。都市部で頻繁に行われる中距離移動に最適で、あらゆるポイント移動にお使いいただくことで、“効率的で自由な交通手段”という観点から、持続可能な社会になっていくビジョンを描いています。電動バイクは、電気代は約10円分のエネルギーで30kmを走行し、「シェア」することで小容量のバッテリーでもこまめに充電されるため、環境負荷が低いうえ、騒音や排気ガス等も無く、「環境」と「人」に優しいのも特徴です。昨今のコロナ禍や、新しいライフスタイルが生まれるなかで、“密”を回避でき、個人の生活に寄り添える自由な移動手段です。 https://www.shaero.jp/

シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社

当社は、環境負荷の少ない電動⾞両(EV)を⽤いて、都市部を中⼼にシェアリングサービスのネットワークを構築することで、都市部の移動⼿段として新しい選択肢を提供することを⽬的としております。都市部の移動を、より楽しく、自由でサステイナブルなものにすることに加え、将来的には地方でも様々なEVによるシェアリングサービスを提供することで、地域での生活の足となるような新たな交通手段を提供していきたいと考えています。移動手段を変化させることで、個々のライフスタイルをより自由に、環境的にもより持続可能な暮らしを実現させて参ります。詳細は、3月22日にリニューアルしたコーポレートサイトをご覧ください。 https://www.sharedmobilitynetworks.com/

〈本件に関するお問い合わせ〉

シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社
Tel: 03-6435-9578 / Email: info@shaero.jp