ONODERA USER RUN、withコロナを見据えた オンライン商談が好評

~人手不足の介護施設・病院様のご相談に、スピーディー&ストレスフリーで対応~

withコロナを見据えたオンライン商談が、全国の介護施設・病院様に好評
withコロナを見据えたオンライン商談が、全国の介護施設・病院様に好評

ONODERA GROUPの株式会社ONODERA USER RUN(代表:小野寺 裕司 所在地:東京都千代田区大手町1丁目1番3号)は、介護人財不足でお悩みの日本全国のお客様に対してスピーディーに対応させていただくべく、オンラインシステムによる商談を実施しております。

当社は全国約2,500か所でフードサービスを展開する株式会社LEOC(レオック)のグループ企業。東南アジアにおける人財教育事業と、特定技能による日本国内への介護人財紹介・サポート事業をワンストップで展開しております。
当社のお客様である介護施設や病院への感染症拡大のリスクを抑えるため、新型コロナウイルスの影響の中でもスピーディーかつストレスフリーに対応できるシステムとして、6月よりオンライン商談を導入。
さっそく北海道から九州まで全国のお客様からお問い合わせをいただき、「負担感が少なくてうれしい」「より詳しい話を聞きたい」など、ご好評の声を数多く賜りました。

オンライン商談システムにおける実際の運用イメージ
オンライン商談システムにおける実際の運用イメージ

【運用におけるお客様の声(一例)】

◆ 短時間で充実した打ち合わせでした。自分の席から動くことなく、打ち合わせを始められたので、打ち合わせに臨む負担感も少なく感じました。新型コロナウイルス感染収束後も、こういった打ち合わせ方法は活用すべきだと思います。  オンラインでも内容をしっかり把握できることができたので、次回はオンラインのメリットを活かし、知り合いの法人を集めるので、合同説明会を実施してほしい。
◆ 一方的 でなく 、 提示 した 時間内 に 分 かりやすくプレゼンしていただき 、御社の事業内容も把握できました。
◆ 新しい生活様式にのっとった営業スタイルですね。また最新情報の提供お願いします。

なお当社といたしましても、緊急事態宣言の解除とともにオンライン商談を活用することで、前月の約10倍もの商談の機会をいただくことができました。移動コストも1ヶ月で合計約150時間・40万円を削減。その分をよりよい介護人財の教育・紹介事業の発展へ振り向け、いっそうお客様にご満足いただけるサービスの実現に努めてまいります。

【株式会社ONODERA USER RUNについて】
株式会社ONODERA USER RUNは、全国約2,400か所でフードサービスを展開する株式会社LEOCをはじめとしたONODERA GROUP傘下として、2016年11月に設立。東南アジアにおける人財教育事業と、特定技能ビザによる日本国内への介護人財紹介事業を展開しております。
本年3月現在、教育拠点は4か国に広がり、学生数は2,400名を数えます。日本語・介護教育から人財紹介、就業後の生活や介護福祉士資格取得の支援までワンストップで行うことにより、安定して長く働ける人材をご紹介いたします。
※当社は法務省が認定する登録支援機関です。

所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目1番3号 大手センタービル16階
設立:2016年11月1日
資本金:2,500万円
代表者:小野寺 裕司(株式会社ONODERA USER RUN 代表取締役社長)
URL:https://onodera-user-run.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
ONODERA GROUP 株式会社ONODERA USER RUN
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目1番3号 大手センタービル16階
TEL:080-3362-9832(担当:近藤)
URL:https://onodera-user-run.co.jp/inquiry/

SDGsLOGO
SDGsLOGO