ネクストジェンとエーアイスクエア、パートナー契約を締結

~音声認識BPOサービスのオプションとしてAIによる要約やテキスト解析を追加~

株式会社ネクストジェン(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員 社長:大西 新二、以下「ネクストジェン」という。)と株式会社エーアイスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田 正樹)は、コロナ禍における市場ニーズへの対応を目的とし、パートナー契約を締結したことを発表いたします。

背景

コロナ禍でのリモートワークの増加でお客様との商談がWEB会議や電話で行われる機会が多くなり、応対内容のテキスト化および要約などのニーズが増加しております。
ネクストジェンでは、通話・録音音声をテキスト化する月額制BPOサービス「U³ COGNI」を展開しておりますが、このたび、最先端の人工知能技術を自然言語処理に応用した製品を展開するエーアイスクエアとパートナー契約を締結し、自動要約や会話内容の解析、キーワード抽出といった機能を持つ同社の製品をU³ COGNIのオプションとして展開することを決定いたしました。
これにより、現在U3 COGNIをご利用いただいているお客様をはじめ、通話や会話のテキスト化、およびテキストデータの有効かつ効率的なお取り扱いをご検討中のお客様にも、ワンストップで幅広いご提案が可能となりました。

U³ COGNIとオプションサービスイメージ

U³ COGNIの特長

通話音声や録音音声などをテキスト化する月額制のBPOサービス。
・お客様の業務に最適な音声認識エンジンを選択可能。
・テキスト変換精度改善のための定期チューニングもあわせて提供。
・オンプレミス、クラウド対応、バッチ方式、リアルタイム方式、いずれも対応可能。
・サービスご利用中でも他の音声認識エンジンへの切り替えが可能。

QuickSummaryオプションの特長

テキスト化された通話データを自動で要約・分類
・通話内容をAIが解析して要約することに加え、自動で分類することが可能。
・応対レポートの作成時間を短縮して応対者の負荷を軽減し、業務の効率化を実現。

重要キーワードの抽出・可視化
・辞書登録を必要とせず、会話の内容を解析して重要キーワードを抽出。
 -コンプライアンス対応:説明義務項目およびNGワードのチェック。
 -VoC分析:頻出キーワードから通話の傾向やニーズをチェック。

QuickQAオプションの特長

質問の意味をAIが解析し最適な回答文を返答を抽出
・お客様との会話内に現れる質問に合わせて最適な回答候補を提示。
・回答のバラつきを削減し、一定した応対品質を確保。

その他

導入までの期間:1.5ヶ月~
価格:初期費用 100万円~、月額費用 30万/月~、導入費用 30万円~
最低利用期間:1年

今後の展開

相互の製品や技術に対する理解を深めると共に、市場動向に合わせてU3 COGNI以外の製品と人工知能の組み合わせについても検討してまいります。
尚、本業務提携が今期業績に与える影響は軽微ではありますが、今後開示すべき事項が生じた場合は速やかにお知らせいたします。

株式会社エーアイスクエアについて

本社 :東京都千代田区岩本町 3-9-3 フォレスト秋葉原ビル 8F
設立 :2015 年 12 月
代表者 :石田 正樹(代表取締役)
事業内容 :人工知能(AI)を活用した各種 ITサービス提供およびコンサルティング等
URL :https://www.ai2-jp.com/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ネクストジェン 営業戦略推進部 広報グループ
お問い合わせフォーム:https://www.nextgen.co.jp/contact/input.html?1