サイカ、元総務大臣で経済学者の竹中 平蔵氏が 社外取締役に就任

株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、元総務大臣で経済学者の竹中 平蔵氏が社外取締役に就任したことを2021年3月2日にお知らせいたします。

※ プレスリリースは当社Webサイトでも公開しています。
https://xica.net/news/outside-director-heizo-takenaka/

※ 就任に際して実施された竹中 平蔵氏と当社CEO平尾による対談形式のインタビューも当社Webサイトで公開しています。
https://xica.net/media/outside-director-heizo-takenaka/

竹中 平蔵氏
竹中 平蔵氏

社外取締役就任の背景と目的

サイカは、「データ分析を民主化し、マーケティングの適正評価を民主化する」ことをミッションに、国内No.1のオンライン・オフライン広告統合分析ツール「ADVA MAGELLAN」や、業界初の“成果報酬型”テレビCM出稿代理サービス「ADVA BUYER」など、データ分析の専門的な知識を持たない企業でも、自社のマーケティング戦略を適正に評価し、ROIを最大化することを可能にするソリューション「XICA ADVA」シリーズを提供しています。

このたび社外取締役に就任した竹中 平蔵氏は、経済学者として国内外の動向を捉えながら日本・世界の将来的な見通しを市場に対して提言しており、また過去には、総務大臣として通信と放送の融合を推進しました。

こうした竹中 平蔵氏の経済に対する大局的な視点、通信・放送領域に対する深い知見を取り入れることにより、マーケティングの適正評価を誰もが当たり前に行える基盤を築く当社の取り組みをより強力に推進し、テレビCM業界、そして広告業界全体の発展に貢献してまいります。

社外取締役就任にあたりインタビューを公開

竹中 平蔵氏の社外取締役就任に際し、当社CEO平尾と竹中 平蔵氏の対談を実施いたしました。対談で語られた、社外取締役就任の経緯や目的、将来的な展望についてまとめた記事を当社Webサイトで公開しています。
https://xica.net/media/outside-director-heizo-takenaka/

竹中 平蔵氏 プロフィール・コメント

竹中 平蔵氏 プロフィール

竹中 平蔵
慶應義塾大学名誉教授

1951年、和歌山県生まれ。慶應義塾大学名誉教授。博士(経済学)。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。01年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。04年参議院議員に当選。06年9月、参議院議員を辞職し政界を引退。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)独立社外取締役、世界経済フォーラム(ダボス会議)理事などを兼職。

竹中 平蔵氏 コメント

この度、株式会社サイカの社外取締役に就任させていただくことになりました。平尾 喜昭CEOを中心とするサイカは、可能性に溢れた企業です。社会に貢献すると言う高い志、高度なテクノロジー、そして勤勉さと快活さに溢れた人材を擁しています。広告という注目分野で、斬新なビジネスモデルを展開しつつあります。サイカが業績面でさらに大きく飛躍し、利益と社会貢献を両立する企業に成長できるよう、微力ながら私も貢献したいと思っています。

代表取締役CEO 平尾 喜昭 コメント

今からおよそ10年前、私がまだ大学生だった頃、竹中 平蔵さんが教鞭を執られていた大学の研究会で統計分析に出会ったことがきっかけで、サイカの創業に至りました。サイカ創業の恩師に社外取締役に就任していただいたことはとても感慨深く、嬉しく思います。竹中 平蔵さんが加わりより強化された経営体制で、XICA ADVAをテレビ業界の、ひいてはマーケティング業界のスタンダードにするべく邁進してまいります。

※サイカおよびXICA、XICA ADVAの名称・ロゴは、日本国およびその他の国における株式会社サイカの登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名についても、各社の商標または登録商標です。

●株式会社サイカについて https://xica.net/
サイカは、“データ分析を民主化し、マーケティングの適正評価を民主化する”というミッションのもと、2012年の創業以来、統計分析システムの企画・開発・提供分野において急成長を続けているITプロダクト開発企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「現場のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、ビジネス現場での実践を通して磨かれた「事業に活きる分析技術」を有する企業として高く評価されてきました。

●XICA ADVAについて https://xica.net/adva/
サイカが提供する、データサイエンスに基づくマーケティング最適化ソリューション。XICA ADVAのサービスラインナップには、国内No.1のオンライン・オフライン広告統合分析ツール(*1)である「ADVA MAGELLAN」や、業界初の“成果報酬型”テレビCM出稿代理を実現した「ADVA BUYER」などが含まれ、広告の分析から企画、実践まで、広告のPDCA全てをデータサイエンスの技術で最適化し、企業の広告ROIを最大化します。ADVAという名称には、高い分析技術により広告を適正評価する「AD Valuate」と、出稿プロセスで売上などの事業成果向上の付加価値を提供する「Add Value」という2つの意味が込められています。

XICA ADVA サービスラインナップ
XICA ADVA サービスラインナップ

1 調査期間 :2019年10月16~18日
 調査概要 :マーケティングミックスモデリングツールおよび
       オンオフ統合分析ツール10社を対象としたイメージ調査
 調査手法 :インターネット調査
 調査対象者:22-69歳、男女、全国、マーケティング職種、
       上場企業勤務、TVCM出稿企業勤務
 調査委託先:株式会社ショッパーズアイ