GODプロデュース「徳川静華と徳川姫殿劇団」が歌う2021年秋「東京ドーム大運動会」テーマソング「徳川姫殿音頭」と「Mars Baby」登場!

GODとSIZUKUがMCを務める「GOD CHANNEL」。放送開始333回目の昨日6月16日のゲストは一般社団法人東京ドーム大運動会組織委員会の創設者の東宮摂武さんとご子息でこの組織の代表理事である東宮哲也さん、そしてイベント協力会社として同組織の常務理事でもある笑福エンタープライズ副社長の堀内康裕さん、コロナ対策として今話題になっている次亜塩素酸水を使用して商品化に成功した「除菌上手」の発売メーカーであるボンドホールディングスCEOの長岡祐樹さんの4名が「ゴッドワールドにようこそ!」という20分のゲストコーナーに二人1組で10分ずつトークする予定でしたが、GODの暴走トークでゲストに話す間を与えず、ゲストは無言、まるでお人形さんのような状態でどんどん時間が過ぎて行き、4分が過ぎた時点でSIZUKUから「GODばかりがしゃべってゲストが全く話して無い」との指摘が入り、ようやくゲストが話すことができましたが、結局時間が足りなくなり、ゲストコーナーで番組の4分の3は終わってしまいました。

GOD、SIZUKU
GOD、SIZUKU
長岡祐樹、東宮摂武
長岡祐樹、東宮摂武
堀内康裕、東宮哲也
堀内康裕、東宮哲也

そのため、GODがこの日、一番伝えたかった「安倍総理がどれだけ国民の血税を世界にばら撒いたか」という事実関係を話すことができませんでした。それはまるで「今は言わない方がいい」と神に制されたかのようでした。コロナウイルスの影響で来年夏に予定している東京オリンピックが無くなる可能性も有ります。そうなると一つの大きな国民の希望が消えテンションやパワーは下がります。そんな中、コロナウイルスの影響で万が一開催が延期になったとしても中止にはならず、確実に開催できるイベント。それが東京ドーム大運動会です。



元々「徳川静華と徳川姫殿劇団」は東京2020オリンピック&パラリンピックの応援歌で2019年5月1日クラウン徳間ミュージックから「徳川姫殿音頭」でメジャーデビューしたユニットで、今回の東京ドーム大運動会のテーマソングも同じく同ユニットが歌う「徳川姫殿音頭」に決定。テーマキャラクターは誰もが親しみの湧く世界平和を願ったピンクのハート形のキャラクター「Mars Baby」に決定しました。

徳川姫殿音頭 CD
徳川姫殿音頭 CD
Mars Baby
Mars Baby

この組織は民間の協力者が80人以上も法人の登記役員になっています。GODがこの話を創設者から聞いた時「東京ドームは面白い。ここでファッションショーや歌のイベントを開催すれば話題になる。今から1年がかりで歌やファッションショーのオーディションの仕掛けを作り、合格者を選び最終決戦会場を東京ドームとすれば話題は抜群。ここでパリコレをやろう」と提案しました。GODは有言実行タイプで、誰もが出来ない事を簡単に話します。そしてその仕掛けや人脈を駆使して必ず形にする、まさに不可能を可能に変える神憑りなプロデューサーです。その後、組織委員会のメンバー達と打ち合わせを重ね、徳川静華ことSIZUKUは副理事長・広報責任者に、GODは副理事長・総合プロデューサーに就任した。7月には正式にこの任命式が行われ、記者発表も行います。長岡さんによる次亜塩素酸水の説明の際に大きく発表したのは、昔から安心・安全・平和の象徴は徳川なので、徳川家の家紋とこの商品をタイアップさせて次亜塩素酸水を全国的に販売します。また子供用はMars Babyのキャラクターが入ったラベルでGODがプロデュースする事を発表しました。

番組の最後にはSIZUKUがウクレレの弾き語りを披露。GODのキャラが濃いので、それを中和させる歌声で加藤登紀子の名曲「知床旅情」をシータ波の歌声で歌いあげると会場は静まり返り、拍手喝采で番組は終了しました。


番組のアーカイブ

SIZUKU
SIZUKU
番組終了後の記念写真
番組終了後の記念写真