格安クラウドPBXはなぜ安い?構成と価格の関係・最安導入の方法とは

近年、企業ではクラウド型ビジネスフォン「クラウドPBX」の導入が進んでいます。

インターネット環境さえ用意すれば物理機器の購入や導入工事のほとんどが不要となり、
初期費用を大幅に削減できるのが特徴です。
他にも多くのメリットがあります。

・導入に要する期間が短く、小規模システムなら数日で利用可能
・BYOD(Bring Your Own Device)で、オフィスの固定電話を削減できる
・インターネット回線を利用した通信により通話料のコストダウン
・在宅勤務やリモートワーク時の通信手段

このように、とても便利な電話システムですが、やはり気になるのは費用面。

具体的な費用を調べてみると、1ユーザー数百円から数千円までピンキリなことが分かります。
「何がどう違うの?」「安いものは品質が悪いの?」というような質問も多く寄せられます。

一体なぜ、クラウドPBXの月額費用はこれほどバラバラなのでしょうか?

その理由の1つとして、マルチテナント型・シングルテナント型といった構成の違いがあげられます。

記事内ではクラウドPBXの構成と価格の関係について詳しく解説しますので、
費用を抑えたクラウドPBX導入をお考えの方はぜひご覧ください。

詳しく見る
https://www.tramsystem.jp/voice/voice-2011/