体外診断用医薬品の市場規模、シェア、成長、トレンド、機会、そして2025年までの予測

研究機関は、毒物学に関する研究開発を促進するために積極的な取り組みを行っています。また、政府や非営利団体がこれらの研究開発プログラムに資金を提供しています。毒物学に関する研究開発資金の増加により、インビトロ毒性マーカーは予測期間中に成長すると予想されています。2018年には、MIT(マサチューセッツ工科大学)の助成金をOmnigen社とTOXYS社が受け、動物を使わない化学物質安全性試験のためのToxplotソフトウェアを開発しました。

サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY42257

PETAは、ナノマテリアルの毒性を評価するための非動物性システムを開発する研究者に20万ドルを授与しました。同団体は、このシステムの作成に使用されるヒト肺組織モデルを設計するために、MatTek Corporationにも資金を提供しています。また2017年、PETAはIQF(国際QSAR財団)に25万ドル以上の資金を提供し、OECD QSAR(定量的構造活性相関)ツールボックスの開発を支援しています。THE OECD QSAR Toolboxは、動物を使わずに幅広い化学物質の毒性を推定するためのコンピューターモデルとデータベースを集めたものです。これにより、OECD加盟国30カ国以上の科学者や規制当局者は、化学物質の毒性に関する情報にアクセスし、化学物質規制を遵守しながら動物実験を回避することができます。これらのツールはまとめて、何万匹もの動物を化学物質の実験に使わないようにするための情報を提供します。PETAが一部出資している他の同様のIQFプロジェクトには、アレルギー反応、急性毒性、内分泌活性をテストする非動物モデルの開発などがあります。環境問題への関心の高まりは、毒性評価のための動物使用量を削減するための様々な研究が行われていることから、体外での毒性評価に対する需要が大幅に増加しています。このような背景から、世界の体外診断用医薬品市場は、2020年から2025年までの予測期間中、約2.8%のCAGRで健全な成長を遂げると予測されています。

NTPは、NIH National Institute of Environmental Health Sciences(NIEHS)に本部を置く、米国保健社会福祉省(DHHS)の管轄外のプログラムで、毒物学の研究開発に貢献しており、これが世界の体外診断用医薬品市場の成長を促進すると予想されます。さらに、米国国立ヒトゲノム研究所(NHGRI)によるNCGCも、インビトロアッセイ、滴定ベースのスクリーニング、インフォマティクスなどの専門知識を提供しています。EPA National Center for Computational Toxicology(NCCT)は、EPAのOffice of Research and Development(研究開発局)の一部である。 これら3つのパートナーの専門知識を組み合わせることで、米国研究会議(NRC)のビジョンを迅速に実施することができました。これらの共同研究者は、革新的な方法論を適用して、短期間でさまざまな体外試験法で多くの化学物質を測定しています。

世界の体外診断薬市場のセグメント概要

体外診断用医薬品市場は、製品・サービス、技術、用途、エンドユーザーに基づいて分類されます。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

製品・サービス別の展望(試薬・キット、機器、サービス

技術別の展望(免疫測定/免疫化学、臨床化学、分子診断、微生物学、その他

アプリケーション別(感染症、腫瘍、心臓病、自己免疫疾患、その他

エンドユーザー別(病院・診療所、学術機関、ポイント・オン・ケア・テスティング、その他

キープレイヤーの紹介

ロシュ・ダイアグノスティックス・リミテッド、シーメンス・ヘルシネアーズ、ダナハー・コーポレーション、アボット・ラボラトリーズ、サーモフィッシャー・サイエンティフィック、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー、バイオラッド・ラボラトリーズ、シスメックス・コーポレーション、バイオメリュー、ディアソリン、オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス、ザイゲンなどが、世界の体外診断薬市場の調査対象となっています。

レポート全文を読む @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY42257