精子提供をめぐる裁判が起きた!?弁護士が「精子提供」について考える

ミカタ少額短期保険(株)が運営する法律メディア【ミスター弁護士保険】は、この度話題の人気記事をお届けいたします。


近年、民間の精子提供によるトラブルが多発しています。特に、令和3年(2021年)12月、東京地裁に提起された裁判が話題を呼びました。

裁判の内容は、簡単に言いますと、

「京都大学卒業」ということで精子提供を受けたが、実際は違っていた。その他にも虚偽の申告があったとして 慰謝料3億3200万円を請求するというものです。

この裁判については色々な情報が飛び交っており、事実関係が明らかにならないとコメントできませんので、本記事では扱わないことにします。

ただ、精子提供について悩んでいらっしゃる方も多く、関心がある方もいらっしゃると思いますので、今回は、精子提供について法的に留意すべき点について書こうと思います。