国家資格 「眼鏡作製技能士」 株式会社金鳳堂 43名誕生

明治20創業、今年で135年の歴史を持つ眼鏡店・株式会社金鳳堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:恒吉裕司)は、金鳳堂の国内店舗スタッフの43名が国家資格「眼鏡作製技能士」を取得したことをお知らせいたします。

眼鏡作製技能士について

2022年4月より、国の定める「技能検定」の職種に「眼鏡作製職種」が新設され、国家資格「眼鏡作製技能士」がスタートいたしました。
この技能検定「眼鏡作製職種」の新設は、多様化・高度化するお客様のニーズにあわせて、「適切な診断・治療」と「適切な眼鏡作製」の双方の実現に向け、眼鏡技術者が眼科専門医と連携しつつ、国民により良い眼鏡を提供し、目の健康を守れるよう、眼鏡作製の技能を高めていくことが目的とされています。

【金鳳堂として】

 国内における国家資格者が増えることで、私ども金鳳堂が掲げるパーパス:【「トキメキ」と「あんしん」でお客様をより豊かにする】の「あんしん」をしていただくことに繋がると考えており、国内の高齢化に伴う目の衰えやスマートフォン等の普及などにより多様化しているお客様からのニーズに、高度な技術で答えていくことが求められると考えております。
お客様の眼鏡に関するお困り事を解決するために、私達はより知識、技術の拡大を目指し、より良い商品を提供してまいります。
 また、金鳳堂のグループ会社、パリミキホールディングスで製造しているメガネフレームは、お顔にお合わせすることを前提につくられており、店舗で知識と技術の有るスタッフが微妙な調整をすることではじめて快適な視生活を提供できると考えています。お一人おひとりのお顔は左右対称ではなく、耳の位置や鼻の形も異なっており、しっかりとお合わせすることでより良い商品をお届けしてまいります。

金鳳堂は、提携している眼鏡技術専門学校「ワールドオプティカルカレッジ」と連携し、2024年 国家資格「眼鏡作製技能士」 60名の資格保有者を目指します。

株式会社 金鳳堂

◆会社概要
会社名:株式会社 金鳳堂
創 業:1887年
設 立:2009年1月15日
代表者:代表取締役社長 恒吉 裕司
資本金:1億円
事業内容:眼鏡およびその関連商品を主に扱う眼鏡専門店
     百貨店メガネサロンの運営
◆金鳳堂 https://www.kimpo-do.com/kimpo-do/