SDGsへの取り組み|宮城蔵王の自然環境を生かした23,000㎡の庭が生まれ変わりました

【宮城蔵王・遠刈田温泉ゆと森倶楽部】「蔵王の森」に溶け込んだ自然の庭の中に佇む、森林温泉リゾートへ

株式会社⼀の坊リゾート(本社/宮城県仙台市 代表取締役 髙橋 弘行/タカハシ ヒロユキ)が運営する【「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部】では、この夏、蔵王山国定公園内13万㎡にある23,000㎡の庭をリニューアルオープンしました。古い構築物を取り壊し、周囲の自然との調和と景観美を意識した自然に還る継続可能な庭づくりを目指し、蔵王の森の四季をうつす水鏡や、木もれびが心地良いテラス、森のさんぽみちが新しく誕生しました。森の緑や風、香り、鳥のさえずりを聞くといったような「森林浴」や、散歩をしながら写真を撮ったり、ベンチに腰掛けたりと自分の好きな過ごし方を見つけて自由に過ごすことができます。ゆっくり深呼吸したくなるような環境の中で、自分自身に向き合い、リフレッシュするための贅沢な大人の休日が過ごせます。

木々や空がうつりこみ、水の流れる音が心地良い「水音の水盤」
木々や空がうつりこみ、水の流れる音が心地良い「水音の水盤」
蔵王の心地良い風が通り抜ける「風の丘」
蔵王の心地良い風が通り抜ける「風の丘」
鳥のさえずりや森の香りを感じるウッドデッキ
鳥のさえずりや森の香りを感じるウッドデッキ

「理想の日常℠」に出会う、大人の森林温泉リゾート

ホテルでも旅館でもない、「美と健康」をテーマにした自由で快適な倶楽部スタイルをコンセプトに、温泉やヨガをはじめとしたアクティビティ、野菜ソムリエによるオーダーメイド料理を提供するゆと森倶楽部。
日常の喧騒から離れ、蔵王の自然の豊かさを感じながら自分を見つめ直すリトリートステイが叶います。

ゆっくり温泉に浸かって体を温めることで、緊張がほぐれて心身ともにリラックス
ゆっくり温泉に浸かって体を温めることで、緊張がほぐれて心身ともにリラックス
秋は紅葉、冬は雪見を楽しめるのも自然環境に調和する露天風呂ならでは
秋は紅葉、冬は雪見を楽しめるのも自然環境に調和する露天風呂ならでは
毎日開催される「森の朝ヨガ」慌ただしく過ごす現代人にはぴったりのリラックス法です
毎日開催される「森の朝ヨガ」慌ただしく過ごす現代人にはぴったりのリラックス法です
散歩をしながら、森の緑や風、香り、音に癒される。五感を刺激される「森林浴」
散歩をしながら、森の緑や風、香り、音に癒される。五感を刺激される「森林浴」

オールインクルーシブのステイスタイルで、お好みのオーダー料理を何度でも

滞在は「オールインクルーシブ」のステイスタイルで、ご夕食・ラウンジのお飲物、ジェラート、アクティビティなど無料で楽しめます。
2020年6月より新しく誕生した、ゆと森倶楽部の食事スタイル「Prix fixe(プリフィクス)」は、手間暇惜しまず丁寧に作ったアミューズから、メイン、そしてデザートまでお客様へフリーオーダースタイルで提供しています。契約農家直送の蔵王高原野菜をはじめとした地元食材をふんだんに使用し、野菜ソムリエたちが目の前で作る出来たての料理が味わえます。その日の料理に合わせた飲み物は、地元の純米酒やワイン、農園元詰めジュースやノンアルコールドリンクなどが揃い、こちらも料金を気にすることなく何度でも楽しむことができます。

日本初4年連続野菜ソムリエアワード受賞レストランで自分だけのコース料理が堪能できる
日本初4年連続野菜ソムリエアワード受賞レストランで自分だけのコース料理が堪能できる

<新型コロナウイルスの感染拡⼤防⽌策|ゆと森倶楽部の安心ステイ>

新型コロナウイルスの感染拡大防止、並びにお客様とスタッフの安心安全確保のため、館内衛生管理強化と3密を避ける空間づくりのもとご宿泊定員数を縮小し、ゆったりとお過ごしいただけるようにいたしております。

【検温の実施】
すべてのお客様にサーモカメラによる検温を実施しております。37.5℃以上の発熱が認められた場合、病院・保健所の指示を仰ぎ、対応させて頂きます。

【アルコール消毒液の設置】
玄関、ロビー、フロント、ラウンジ、ショップ、レストラン、エレベーターホール、温泉施設、トイレ等に消毒液を設置し、お客様の安全・安心な環境整備を行います。こまめなアルコールによる手指消毒へご協力をお願いいたします。

【定期消毒の実施】
客室や館内の通常清掃に加え、多くのお客様が利用するパブリックスペースでのアルコール消毒を定期的に実施しております。

【飛沫防止パーテーションの設置】
フロントやショップにパネルやビニールシートなどのパーテーションを設置し、飛沫感染を防止します。パーテーションは定期的にアルコールを使用した滅菌処理を行います。

【チェックイン・チェックアウトについて】
チェックイン後のスタッフによるお部屋のご案内は控えさせていただいており、お客様ご自身でお部屋にお入りいただいております。また、ご宿泊代の精算はオールインクルーシブのためチェックアウト時らくらくな事前クレジットカード決済をおすすめしておりますほか、ご当日現地決済の場合はチェックイン時にご精算をお願いいたしております。

【露天風呂・大浴場の利用について】
お客様の安全を考慮し、バスタオル等の浴室の設置を見合わせ、タオル類はご宿泊のお部屋にご用意いたしております。脱衣所内のドレッサーにもアルコールを設置しております。使用できる浴場内の洗い場を間引いて、ソーシャルディスタンスを確保できるようにしております。

【レストランについて】
密閉空間が生じないよう各所適宜、換気に努めています。お客様同士の間隔を可能な限り配慮したテーブルレイアウトで配置しています。入場時はマスクを着用し、手指の消毒を必ずお願いいたします。基本的に調理人が目の前で盛り付けしたお料理を”ひとさら”として個別提供しております。尚、一部個別盛りが難しいお料理には使い捨て手袋とトングをお使いいただきます。尚、トングはこまめな交換を実施しております。お客様がお料理、ドリンクを取られる際にもマスクの着用をお願いしております。お席では使用中のマスクはマスクケース(オリジナルマスクケースをご用意しております)をご活用の上、衛生管理にご協力ください。

【ラウンジについて】
密閉空間が生じないよう各所適宜、換気に努めています。お客様同士の間隔を可能な限り配慮したテーブルレイアウトで配置しています。ご利用時はマスクを着用し、手指の消毒を必ずお願いいたします。尚、一部個別盛りが難しいお料理にはトングをお使いいただきますが、こまめな交換を実施しております。お客様がドリンクやおやつを取られる際にもマスクの着用をお願いしております。

【お願い】
お住まいの地域の新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインをご理解の上、安心してお越しいただける時期をご判断いただきますようお願い申し上げます。尚、下記の症状のある方は、無理をなさらず体調の良い時にお出かけください。
・数日前から当日まで風邪のような症状がみられる方
・息苦しさや倦怠感、咳や熱などの症状、味覚嗅覚に強い違和感がある方


従業員の安全対策について
【手洗いとマスクの徹底】
お客様に安心して滞在をお楽しみいただけるよう、手洗い・消毒と館内での接客業務の際にマスクまたはフェイスガードの着用を義務付けております。

【体調チェック】
全スタッフの出社前検温と記録確認を行い、体調不良のスタッフは出勤停止にしております。

【不要不急の外出・会合出席の自粛】
従業員の不要不急の出張、また不特定多数が集まるイベント・セミナーや会食・会合への出席なども自粛しております。
関連資料:安心して”理想の日常℠”をお過ごしいただくために
http://www.ichinobo.com/news/77

※“理想の日常(SM)”に出会うのSM(Services Mark)マークは、レストランやホテルなどの役務(サービス)についての商標です。


<受賞歴>

■日本野菜ソムリエ協会「野菜ソムリエアワード認定レストラン部門」
・2012年最高賞
・2013年金賞
・2014年銀賞
・2015年金賞
※認定レストラン部門は2012年から2015年まで開催され、けやき食堂は全受賞を果たし殿堂入りいたしました。

■Relux 2017年 人気の東北のホテル・旅館ランキング 第9位
■楽天トラベル 2017年『オールインクルーシブ』が人気のホテル・旅館ランキング 国内第2位
■じゃらんnet 泊まって良かった宿大賞2019年 宮城 第3位
■じゃらんアワード 2018宮城エリア泊まって良かった宿 第1位

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部

所在地 :〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上ノ原128
電話 :0570-05-2311
客室数 :51室・チェックイン:15:00/チェックアウト:11:00
公式HP:https://www.ichinobo.com/yutomori/


メディア関係者さま視察宿泊無料ご招待

■1社2名様まで試泊体験無料(9~10月平日限定)
■掲載画像素材無償提供 
※条件:チェックイン時名刺を頂戴いたします。

下記のメールアドレスよりお問合せください。

リリースに関するお問い合わせは…

株式会社⼀の坊 営業推進本部
〒980-0013
宮城県仙台市⻘葉区花京院2丁⽬1-10
TEL:022-222-0178(平⽇ 10:00〜17:00)
Mail:press@ichinobo.com
▼お問い合わせフォームはこちら
https://www.ichinobo.com/contact/#radio02-02