「<もみあげが濃い!>かっこ良くなるために脱毛をしよう!」DANDY LABO.にて脱毛に関する記事を公開

男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスからお届けします!

どんなに髪型を整えても、もみあげの形状によって印象は大きく左右されます。生やし放題にすると清潔感に乏しくなるため、こまめな手入れが必要です。ヒゲが濃い男性にとっては面倒に感じるでしょう。どのようにデザインして、手入れすれば良いのか紹介します。

もみあげの脱毛デザイン

まずは、もみあげのデザインです。大きく分けて3つのパターンがあります。

ナチュラル

もみあげの毛先を三角形に整えて、自然と消えるように見せるデザインです。もみあげの先端が耳穴と同じくらいの高さにあると、ナチュラルな印象になります。ビジネスシーンでも好感を持たれやすいでしょう。


同じ三角形でも、耳側を剃って顔側の面積を広くすると、顔を小さく見せてくれます。面長やエラ張りなど、顔の形に特徴がある人でもバランスを取りやすいでしょう。

ワンレン

もみあげの毛先を髪型の毛先と揃えるのがワンレンです。わずかに残る剃り跡で、もみあげの存在感をアピールできます。個性的であり、カジュアルで若々しさもありますが、ビジネスシーンでの評価は分かれるかもしれません。

ワイルド

ある程度伸ばして、もみあげの存在感を際立たせるのがワイルドです。あごのヒゲとつなげて野性味を演出する男性もいます。ヒゲとつなげるときは、もみあげの毛を短めにすると、ワイルドでもすっきりとした見た目になるでしょう。


冒頭で述べたとおり、無造作に伸ばすと清潔感が損なわれるので、こまめな手入れが必要です。癖毛だったり、ヒゲが濃かったりすると余計に手間がかかるかもしれません。

もみあげを自分で脱毛

もみあげは放置すると、毛が伸びて形が崩れてしまうため、月に1回、理髪店や美容院で整えてもらうだけでは不十分です。では、自分で整えるならどのようにすればいいのでしょうか。

もみあげの剃り方や自己処理をする際の注意点をご紹介します。

もみあげの剃り方

自己処理の注意点