昭和、平成、令和…月刊誌『PHP』75年の叡智 『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』を発売

各界のレジェンド、プロフェッショナルたちの記事を厳選して再録

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)は、12月7日に『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』(税込2350円)を発売しました。本書は、月刊誌『PHP』(編集人 丹所千佳、発行人 村上雅基、定価250円税込)のアーカイブ記事から厳選した365篇を収録した名言集です。昭和22年(1947)から発行してきた月刊誌『PHP』の、創刊75周年にあたる2022年の掉尾を飾ります。人間のあり方・生き方を考え、読者の人生を応援する雑誌として歩んできた75年分の叡智を、1日1篇スタイルにまとめました。

『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』表紙
『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』表紙

豪華な執筆陣

月刊誌『PHP』は戦後間もない 1947 年4月に、松下幸之助(パナソニック創業者、PHP研究所創設者)によって 創刊されました。「PHP」とは、Peace and Happiness through Prosperity(繫栄を通じて平和と幸福を)の頭文字で、戦後の荒廃した日本を物心一如の繁栄に導くべく、その機関誌としたのです。当初は社会評論を中心とした内容の雑誌でしたが、次第に人間とは何か、真に豊かな人生とは何か、幸福とは何か、といった、いつの時代にも変わらぬ人類普遍のテーマである「生き方」をテーマに刊行されるようになりました。

なかでも、著名人が月替わりで寄稿する長期連載「こころにひびくことば」は、裏表紙をめくった表3が連載初期からの定位置で、雑誌を後ろから開く読者もいるほどの人気企画です。『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』には、この名物連載を中心に、「人生の羅針盤」「成功の教科書」となる記事を再録しました。執筆陣には、各界のオーソリティからパイオニア、プロフェッショナル、時代の寵児まで、誰もが知る人ばかりが名を連ねています。

執筆者の一例

・本田宗一郎(本田技研工業㈱取締役最高顧問)「猿まね反対」
・養老孟司(解剖学者)「『二足の草鞋』を持つ」「言葉は信用できない」
・安藤忠雄(建築家)「全力で走れ。」
・瀬戸内寂聴(作家/尼僧)「この道でよかったと最期に思えるよう今日一日をよく生きたい」
・渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)「一見、無意味に思えることも自分の見方次第でありがたいものに変わります。」
・向田邦子(放送作家)「言葉は怖ろしい」
・長嶋茂雄(元・読売巨人軍監督)「虚心」「洗心」
・手塚治虫(漫画家)「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし 急ぐべからず 不自由をつねと思えば不足なし いかりは敵と思え」
・松下幸之助(PHP研究所所長)「自信ということ」

※肩書きは原則、掲載当時のまま。執筆者ならびに著作権継承者の意向などにより、一部変更あり。

読む日めくりから書物占いまで、使い方いろいろ

三百六十五日、一日一つずつお読みいただくのもいいでしょう。一巡したら、日々そのときにパッと開いたところを読む、というのもいいかもしれません。その言葉が今の自分にどのように響くか。今までは特になんとも思っていなかった言葉が、急に心を揺さぶってくることもあるでしょうし、逆もまたしかり。同じ言葉であっても、共感の度合いや理解の深度が変わることもあるかもしれません。それはとりもなおさず、自分自身を映す鏡のようなものなのだと思います。
(PHP編集長 丹所千佳――本書「はじめに」より)

365人の言葉は、1月1日から12月31日までの日付ごとに並んでいます。順番どおり読み進めるほかにも、1日の始まりに読む「日めくりカレンダー」や、悩んだときにパッと開く書物占い(ビブリオマンシー)など、使い方・楽しみ方はいろいろあります。

『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』について

本文の一例

『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』本文サンプル(11月1日)
『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』本文サンプル(11月1日)
『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』本文サンプル(12月7日)
『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』本文サンプル(12月7日)

書誌情報

タイトル:1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉
編者:『PHP』編集部
価格:2350円(10%税込)
判型・製本・頁数:A5判並製464ページ
ISBN978-4-569-85281-2
発行:PHPエディターズ・グループ
発売:PHP研究所
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-85281-2

月刊「PHP」は表紙をリニューアル

月刊誌『PHP』は創刊75周年という節目を迎え、2023年1月号(2022年12月10日発売)から表紙を刷新します。デザインは小川恵子氏(瀬戸内デザイン)、イラストは坂内拓氏が担当し、手に取りやすく、しかも手許に置いておきたくなる表紙となっております。

『1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉』の編纂で振り返った75年の歩みを糧として、新時代の「人生の応援誌」として前を向き、これからも心の財産となる言葉を探し、お届けいたします。
https://www.php.co.jp/php75/

月刊誌『PHP』2022年12月号(表紙)
月刊誌『PHP』2022年12月号(表紙)
表紙を刷新した月刊誌『PHP』(2023年1月号)
表紙を刷新した月刊誌『PHP』(2023年1月号)