人間国宝を父に持つ二代目山本邦山と三神のギタリスト高谷秀司の配信イベントをGODがプロデュース

今回で第3回目を迎えるシンポジウムは「日本の伝統芸能編」で「日本の伝統芸能の現況と将来」と題して、本日6月15日20時~21時まで中目黒トライから1時間配信することが決定しました。配信はYoutube「中目黒BEST TV」チャンネル。

司会は世界的ギターリストの高谷秀司。出演はこのライブハウスのオーナーである下山浩次(地球政府代表)。そしてゲストは人間国宝を父に持つ尺八奏者の二代目山本邦山です。



彼の父、山本邦山は2002年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、2004年は紫綬褒章、2009年には旭日小綬章を受章しました。

この山本邦山とコラボレーションしていたのが高谷秀司で「大吟醸」という作品は素晴らしい作品です。



この大吟醸をSIZUKUのシータ波の歌声でコラボさせる企画をGODと高谷秀司で考えていましたが、残念ながら今回は実現出来ず、このライブハウスの名前の通り、次回トライします。

高谷秀司
高谷秀司
下山浩次
下山浩次
SIZUKU、高谷秀司、GOD
SIZUKU、高谷秀司、GOD
2020年05月27日に発売した山本邦山作品集Ⅲ五色桜
2020年05月27日に発売した山本邦山作品集Ⅲ五色桜

二代 山本 邦山【尺八】
東京生まれ。7歳より父、人間国宝初代山本邦山に師事。中央大学文学部文学科仏文学科卒業。NHK邦楽技能者育成会卒業。1983年、都山流尺八准師範試驗首席登第、その後ステージデビュー。85年、韓国ソウルにて「日本音楽のタ」に参加。86年、「グループ竹」第1回演奏会開催。都山流尺八師範試験首席登第。87年、「グループ竹」第2回演奏会開催。88年、宮城会アメリカ公演に随行。90年、ISME1990(フィンランド)に参加。国際交流基金の派遣によりカナダ公演。91年、国際交流基金の派遣により中南米・米国公演。93年、日独文化協会主催ドイツ・スイス公演。95年、宮城会ブラジル公演に随行。山本真山リサイタルを開催。99年、日本・ウクライナ芸術文化祭1999(キエフ)に出演。2000年、東京都交響楽団と共演。03年、宮城会ヨーロッパや公演に随行。04年、鹿児島にて自作品による山本真山リサイタルを開催。07年、シンガポール公演(シンガポールオーケストラと共演)。08年、CD作品集「蒼天」日本丘統文化振興財団より発売。09年、シンガポール公演。10年、プラハ尺八フェスティバルに参加。11年、CD作品集「雪間草」日本伝統文化振興財団より発売。台湾公演。14年、ベトナム・日本友好コンサート(ハノイ)に出演。15年、日本の祭典inミラノに出演。現在、公益財団法人都山流尺八楽会都山流竹琳軒大師範、都山流尺八邦山会会主、山本邦山尺八合奏団団長、現代邦楽作曲家連盟会員、つきなみの会主宰、公益社団法人日本三曲協会会員、中央大学竹桐会講師、一般社団法人Japan Treasure

宇宙(そら)に響く、スタンダード・ソングス。これが人間国宝 山本邦山の魂、大吟醸のようにゆっくり五臓六腑に染み渡たる「心の音楽」。
山本邦山と高谷秀司のギターそしてベテラン・ジャズデュオ「G2us」(ジーニアス)と結成したユニット「大吟醸」は2008年の新録音にボーナス・トラックを追加した。