2023年夏、待望の再演決定!!第一弾発表!ミュージカル『ファントム』

この度、2023年7月₋8月に大阪・梅田芸術劇場メインホール、8月₋9月に東京・東京国際フォーラム ホールCにて、ミュージカル『ファントム』の上演が決定いたしました。
フランスの小説家ガストン・ルルーのベストセラー小説『オペラ座の怪人』を原作としたミュージカル『ファントム』は、脚本家アーサー・コピットと、作曲家モーリー・イェストンの黄金コンビにより誕生いたしました。怪人ファントムを一人の青年エリックとして描き、その人間像に焦点をあてたストーリーと独創的な楽曲は、今や世界中の観客を魅了し、ミュージカルのベストセラーとして親しまれています。国内では、2004年の日本初演以来、空前の大ヒットを遂げており、繰り返し再演される中、2019年には、城田優がファントム役を演じ、演出も手掛けるという『ファントム』史上初の挑戦を成し遂げました。作曲家モーリー・イェストンも期待を寄せる中、2019年新演出版『ファントム』は大好評を収めました。

第一弾キャスト発表!!
そしてこの度、2019年に続いて城田優演出、主演での再演が決定いたしました。演出と主演の二刀流で多彩な才能を発揮する城田優の尽きることのない更なる進化にご期待下さい。もう一人の主演ファントム役は、圧巻の演技で観客を魅了し話題をさらった2019年に続き、数多くの作品で主演しミュージカル界を牽引し続けている加藤和樹が再び務めます。怪人ファントムと純真無垢な人間エリックという二面性を持つ繊細な役を、今回も実力者の二人がWキャストで挑みます。ヒロインのクリスティーヌ役には、宝塚歌劇団雪組トップ娘役として活躍し2021年4月に退団。2018年~2019年に宝塚歌劇団雪組で上演された『ファントム』でもクリスティーヌ役を演じ称賛を浴びたのは記憶に新しく、今回新たに同役に挑む真彩希帆。演劇の名門文学座で芝居を磨き、持ち前の歌唱力とダンスでミュージカル界でも注目され、来年2月開幕のブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』ローレル役はじめ今後の活躍に目が離せない若手女優のsara。新たに蘇るミュージカル『ファントム』に是非ご注目ください!


ミュージカル『ファントム』公演概要
脚本:アーサー・コピット
作詞・作曲:モーリー・イェストン
原作:ガストン・ルルー

演出:城田 優

出演:加藤和樹/城田 優(Wキャスト)、真彩希帆/sara(Wキャスト) 他

公演日程:
〔大阪〕2023年7月22日(土)~8月 6日(日)梅田芸術劇場メインホール
〔東京〕2023年8月14日(月)~9月10日(日)東京国際フォーラム ホールC

お問い合わせ:(大阪)梅田芸術劇場06-6377-3800 【10:00~18:00】
(東京)キョードー東京0570-550-799 【平日11:00~18:00、土日祝10:00~18:00】

企画・制作:梅田芸術劇場

公式サイト https://www.umegei.com/phantom2023/