「初代国立劇場さよなら公演」令和5年初春歌舞伎公演『通し狂言 遠山桜天保日記-歌舞伎の恩人・遠山の金さん-』上演決定 カンフェティでチケット発売

独立行政法人日本芸術文化振興会主催、「初代国立劇場さよなら公演」令和5年初春歌舞伎公演『通し狂言 遠山桜天保日記-歌舞伎の恩人・遠山の金さん-』が2023年1月3日 (火) ~2023年1月27日 (金)に国立劇場 大劇場(東京都千代田区隼町4-1)にて上演されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティにて12月5日(月)19:00よりチケット発売開始
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=70008&

公式ホームページ
https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_l/2022/5141.html

未来へつなぐ国立劇場プロジェクト

「初代国立劇場さよなら公演」

竹柴其水=作
尾上菊五郎=監修
国立劇場文芸研究会=補綴

令和5年初春歌舞伎公演

『通し狂言 遠山桜天保日記-歌舞伎の恩人・遠山の金さん-』

(とおやまざくらてんぽうにっき)

国立劇場美術係=美術

<序幕>
第一場 河原崎座楽屋の場
第二場 隅田川三囲堤の場
<二幕目>
成田山内護摩木山の場
<三幕目>
第一場 花川戸須之崎政五郎内の場
第二場 山の宿尾花屋の場
第三場 大川橋六地蔵河岸の場
<四幕目>
第一場 新潟行形亭座敷の場
第二場 同    庭先の場
<五幕目>
北町奉行所白洲の場
<大詰>
河原崎座初芝居の場

遠山金四郎 尾上菊五郎
生田角太夫 尾上松緑
尾花屋小三郎 後ニ 祐天小僧小吉 尾上菊之助
角太夫女房おもと 中村時蔵
ほか

主催=独立行政法人日本芸術文化振興会
「日本博」参画プロジェクト

公演概要

「初代国立劇場さよなら公演」令和5年初春歌舞伎公演
『通し狂言 遠山桜天保日記-歌舞伎の恩人・遠山の金さん-』
公演期間:2023年1月3日 (火) ~2023年1月27日 (金)
会場:国立劇場 大劇場(東京都千代田区隼町4-1)

■公演スケジュール
※カンフェティ取扱対象公演
1月04日(水) 12:00
1月05日(木) 12:00
1月09日(月・祝) 12:00
1月12日(木) 12:00
1月17日(火) 12:00
1月20日(金) 12:00
1月23日(月) 12:00
1月24日(火) 12:00
1月27日(金) 12:00

12時開演 (午後4時終演予定)
※開場時間は開演45分前の予定です。
※この公演には休憩がございます。

■チケット料金
1等席 12,000円 (学生 8,400円)
2等席 8,000円 (学生 5,600円)
3等席 3,500円 (学生 2,500円)
(全席指定・税込)
※3等席に限り、予約開始初日は、お一人様1ステージ2枚までの購入に限らせていただきます。
※出演者などの変更の場合はご了承ください。

<カンフェティ取扱チケット>
先着限定!1等席:12,000円(税込)→10,800円(税込)