CCI、Amazon広告最適化(β版)及びオムニチャネル eCommerceダッシュボード「Ignite」を導入

~最新のAIによる自動最適化機能等、独自機能を搭載~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社CARTA COMMUNICATIONS(東京都中央区、代表取締役社長:目黒 拓、以下「CCI」)は、Acorn Intelligence Limited.(イギリス、Co-founder:Ross Caveille、以下「Acorn-i」)が提供し、日本市場においてはDMT株式会社(東京都渋谷区、CEO:廣田 力、以下「DMT」) がエクスクルーシブパートナーであるAmazon広告最適化(β版)及びオムニチャネルeCommerceダッシュボード「Ignite」を導入しました。

CCIは2018年1月にAmazon専任チームを組成し、広告主様へAmazonマーケティング領域におけるコンサルティングおよび運用体制を強化しており、現在Amazonなどのオンラインストアの販促領域をワンストップで支援するサービスである「Commerce Container」(https://www.commerce-container.cci.co.jp/)を提供しております。
2020年にはグループ会社としてDtoC(Direct-to-Consumer)に特化した広告支援会社、株式会社Barriz(読み;バリーズ、以下「Barriz」)を設立し、Amazonにおいて自社製品の販売を検討するD2C事業者向けに、集客から改善施策までをトータルで支援する「Zenmai」(https://www.barriz.co.jp/zenmai)を提供しています。

今回の「Ignite」の導入により、Amazon領域ではAmazon広告の自動最適化に加えてベンダーセントラルの分析が可能となるほか、ソーシャルコマースや他のオンラインショッピング サービスのデータを集約し、統合的な分析、管理、意思決定をサポートすることが可能となります。

「Ignite」が搭載する機能には、以下大きく3つの特徴があります。

①オムニチャネルのショッピングインサイトの可視化

Amazonや各種ソーシャルコマース、他のオンラインショッピングサービスなど複数チャネルの売上・在庫・広告データの一元管理が可能となるため、リアルタイムかつ統合的なメトリクス分析を実現します。

②Acorn-iが独自開発の顧客分析ソリューションと多様なダッシュボード機能

カスタマイズ可能なダッシュボード機能により、クライアントが求めるインサイトを提供することが可能となります。

③Amazon Ads自動最適化機能(β版)

機械学習により各KPIに合わせたAmazon Adsの広告キャンペーンを自動最適化することができるため、KPIに合わせた適切な効果改善が可能となります。
※Amazonスポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告にて機械学習による配信が可能となります。

今回CCIがIgniteを導入することについて、DMT株式会社のCEOである廣田力氏は以下のとおりコメントしています。「この度、当社はCCIをパートナーとしてお迎えすることができ、大変喜ばしく思っています。CCIはAmazon Adsのプロダクトだけではなく、Retail Media、オムニチャネルのオンラインショッピングに対する深い知見を持っており、Igniteの能力を十分に発揮させると確信しております。Acorn Intelligence社が提供するIgniteはAmazonなどのRetail Mediaマーケティング活用に加え、様々なショッピングチャネルや広告チャネルとの接続により、あらゆる分析、効率的な作業の提供と意思決定のサポートを可能にしました。彼らのフィードバックは今後、当社にとっても重要なものとなり、Amazon AdsまたはRetail Mediaテクノロジーを探求し続ける上で、非常に貴重なものとなるでしょう。」

CCIは、今後も付加価値の高いサービス提供を通じて、お客様のマーケティング活動の支援を行ってまいります。

Acorn Intelligence Limited
URL:https://acorn-i.com/

2018年に元Amazon UKのRoss CaveilleとClaire Leonが設立したスタートアップ企業で、2021年10月時点で、84か国以上のクライアントにeCommerceインテリジェンスプラットフォーム「Ignite」を展開しています。Co-Founder のRoss CaveilleはAmazonのテクノロジー企業であるA9の EUチームでサプライ営業をリードしたのち、Amazon DSPのジェネラルマネージャーに就任しており、20年に渡ってEUにおけるDigital Adsの技術開発やビジネスの経験を持っています。

DMT株式会社
URL:https://dmt-global.com/

CEOの廣田力氏と取締役の梅野浩介氏が2021年に設立した海外のAdtech, Martech,およびRetail media Tech関連の優れたソリューションを国内のBrand、Agency向けに提供するスタートアップ企業です。
廣田力氏は、国内の大手広告会社でプログラマティック広告やデジタル広告全般の開発及び販売責任者を務めたのち、Amazon JapanにてAmazon DSP、Amazon Marketing Cloud(AMC)やSizmek など同社のアドテク関連ソリューションのJapan Business Development をリードしてきました。その後、DMT株式会社を設立し海外における広告・ECに関連するテクノロジー企業の日本進出サポート事業やソーシャル、eCommerce事業のコンサルティング業務などを推進しています。

※Amazonは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。


会社名 株式会社CARTA COMMUNICATIONS
本社所在地 東京都中央区築地1-13-1 築地松竹ビル
代表者 代表取締役社長 目黒 拓
主要株主 株式会社CARTA HOLDINGS (株式会社電通グループ連結子会社 )100%
事業内容 マーケティングソリューション事業・アドプラットフォーム事業


本件に関するお問合せ先  
株式会社CARTA COMMUNICATIONS 
メディアソリューション・ディビジョン
ECマーケティンググループ
ECプラットフォームチーム
E-mail: gambarou@cartahd.com


報道関係者お問合せ先
株式会社CARTA HOLDINGS 広報担当
https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/