イセキサイド税理士法人・竹内 恵子氏が、新刊『突然の争族を防ぐ! 子が知っておくべき相続対策 』を8月27日発売!

株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区千駄ケ谷4丁目9番7号、代表取締役:久保田貴幸)は、新刊「突然の争族を防ぐ! 子が知っておくべき相続対策」(著者:竹内 恵子)を8月27日に発売いたしました。

『突然の争族を防ぐ! 子が知っておくべき相続対策』詳細

書籍内容

「親にはたいした財産がないから大丈夫」
そんな甘い考えが、思わぬトラブルを招く!

親の生前に対策をしておらず、
相続発生後にトラブルを抱えるサラリーマン家庭が増えています。
相続税の支払いに窮したり、きょうだいで遺産分割を巡ってもめたり……。
なかには、対策をしておけば支払う必要のなかった税金を
納めなければならないケースもあります。
普通のサラリーマン家庭こそ、円満相続のための準備が必要なのです。

2015年の税制改正によって相続税の課税水準が引き下げられ、
サラリーマン家庭でも、相続税のかかるケースが増えてきました。
「相続財産」には預貯金だけでなく不動産なども含まれますので、
都市部に家やマンションを持っていたりすれば、すぐに相続税の課税対象に
なってしまう可能性があります。
しかし、「自分たちには相続税はかからない」と思い込み、
相続対策をしていないサラリーマン家庭が多いのが現状です。
相続税や遺産分割でのトラブルを未然に防ぐためには、
親が元気なうちに財産や相続について話し合い、対策をしておくことが大切なのです。
本書では、税理士として600件以上の相続税申告を担当してきた著者が、
相続手続きの基本やサラリーマン家庭で生じやすい相続トラブル、
知ればトクする相続税対策など、
相続発生前に押さえておきたい情報を分かりやすく解説します。

目次

はじめに

[第1章] ~相続を巡り多発するトラブル~
相続財産1000万円以下でも争いが起きる!?
・上司の忠告
・家族だからこそトラブルになる
・他人事ではない! サラリーマン家庭でも相続税がかかる人が増えている
・資産はあるのに「納税するお金」がない!
・遺産の中心が不動産の場合は、特に注意!
・相続税がかからなくても油断はできない
・増加する家族間の“争族"トラブル
・相続対策は、親が倒れてからでは間に合わない

[第2章] ~ゼロから分かる相続の基本~
「子」が知っておくべき、相続の基礎知識を学ぶ
・うちの相続財産はいくらだろう?
・税理士に会う
・被相続人と相続人
・相続と贈与、遺贈の違い
・遺産の分け方の基本
・相続手続きの期限
・プラス財産とマイナス財産の違い
・なぜ遺言書が必要なのか
・遺言書の種類と違い
・遺留分が相続トラブルを生む
・何のために相続対策をするのか
・相続対策の相談はだれにすればいい?

[第3章] ~はじめての相続対策、7つのステップ~
家族会議を開催! 親と相続について話し合う
・久しぶりの実家訪問での誤解によるすれ違い
・手紙で気持ちを伝えることに
・ステップ0 親が65歳になったら、相続対策を考える
・ステップ1 親に相続をどう考えているのか聞く
・ステップ2 戸籍を調べて推定相続人を確認する
・ステップ3 親にどんな相続財産があるのか、リストアップして評価額を
まとめてもらう
・ステップ4 親に遺産をどんなふうに分けたいのか改めて考えてもらう
・ステップ5 相続税の申告の要否を確認する
・ステップ6 相続税がどのくらいかかるか計算する
・ステップ7 具体的な対策を検討する

[第4章] ~相続税を節税するテクニック~
早めの対策で、相続税ゼロを目指す
・父の遺産は9000万円
・さまざまな相続対策
・6つの相続対策
・暦年贈与の活用
・相続時精算課税の活用
・生命保険の活用
・事業承継税制の活用
・不動産を移転する
・所得税を減らす
・資産管理会社の活用
・小規模宅地等特例の活用
・配偶者の税額軽減の活用
・相続税に強い税理士を見つける

[第5章] ~親が元気なうちに一緒に取り組む~
相続対策で強まる家族の絆
・父の日記
・円満相続
・「3階建て」で考える相続
・まず「親の老後をどうするのか」から考える
・相続を考えておくことは、生き方を繋ぐこと
・親の想いが受け継がれた相続の事例
・私自身の相続

おわりに

特別寄稿

書籍概要

書籍名 :突然の争族を防ぐ! 子が知っておくべき相続対策
著者:竹内 恵子
価格:990円(税込)
体裁 :176ページ
ISBN-10: 4344932196
出版社 :幻冬舎メディアコンサルティング
URL:https://wadainohon.com/books/978-4344932197/

著者プロフィール

■ 竹内 恵子/タケウチ ケイコ

イセキサイド税理士法人 代表社員
2000年の事務所開業以来、多くの相続案件を取り扱ってきた実績をもつ。
単に相続税の申告計算を担うだけではなく、トラブルを未然に防ぎ、
家族、関係者の全員が笑顔で納得できる「円満相続」を実現するための
対策コンサルティングに定評がある。
地元東海エリアの企業経営者からの信任も厚い。

会社概要

商号 : 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
代表者 : 代表取締役 久保田貴幸
所在地 : 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
設立 : 2005年6月27日
資本金:42,250千円
事業内容 : 出版を通じた企業のブランディング支援・コンサルティング業務
URL :https://www.gentosha-mc.com/

本記事に関する問い合わせはこちら

株式会社幻冬舎ウェブマ
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号
TEL:03-5413-0701
URL :https://www.gentosha-webma.com
E-Mail:info@gentosha-webma.com

▼学びは本からというあなたへ「話題の本.com」