細胞・組織保存の市場規模は2030年に71億米ドルに達すると予想-最新予測

細胞・組織保存の世界市場は、2022年から2030年までの予測期間中に複合年間成長率9.5%を記録し、2030年までに71億米ドルに成長すると予測されています。

市場に影響を与える要因

世界の細胞・組織保存市場は、研究活動への政府投資の増加により、優れた成長率で成長すると予想されます。さらに、再生保存の需要の高まりと、心血管疾患を患う患者の急増が、細胞・組織保存市場を前進させるでしょう。

イノベーションの高まりが市場を牽引すると予想されます。例えば、Cryocell International, Inc.は2021年2月にDuke大学と独占契約を結び、脳性麻痺や自閉症に対する新規治療法の革新に向けた拡大を目指します。

したがって、業界関係者の努力の高まりが、分析期間中の細胞・組織保存市場の成長に大きく貢献することになるでしょう。

地域別分析

北米は、医療分野への投資の増加や各国での研究開発活動の活発化により、細胞・組織保存市場で最大のシェアを占めると予想されます。さらに、製薬会社による研究開発の活発化と保存装置の商品化も、市場の成長に寄与すると考えられます。また、同地域はハイテク医療インフラが評価されており、分析期間中、細胞・組織保存市場にチャンスの扉を開くことになる。

アジア太平洋地域の細胞・組織保存市場は、生物医学的疾患の治療に関連する満たされていない医療需要を満たす必要性が高まっていることから、最大の市場になると予想されます。さらに、新しい革新的な技術の導入と医療費の増加が、アジア太平洋地域の細胞・組織保存市場の成長に貢献すると思われます。

競合他社の分析

アジレント・テクノロジー株式会社
アムスビオ
アバントール社
バイオマトリックス
バイオライフ・ソリューションズ社
セルジェニックス社
コーニング・インコーポレイテッド
チャート MVE バイオメディカル
サイティバ
富士フイルムアーバインサイエンティフィック
LGCセラケア
ロンザ
メルクKGaA
プリンストン・クライオテック
STEMCELL Technologies Inc.
サーモフィッシャーサイエンティフィック社
その他の有力企業

市場セグメント

タイプ別:(細胞、哺乳類・微生物・植物細胞、組織、血液、骨、軟部組織、皮膚)

製品別:(機器、冷凍機、解凍システム、バイオ保存液、ソフトウェア)

用途別:(治療薬、研究開発、創薬)

エンドユーザー別:(バイオバンク、病院、その他)

地域別(北米、欧州、南米、アジア太平洋、中東、アフリカ)

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bwcc1551

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

【本件に関するお問合せ先】
E-mail:sales@reportocean.com
URL:https://reportocean.com/