賃貸騒音問題を回避するためには、賃貸探しが重要となります。

賃貸物件におけるクレームで、最も多いのは「生活音が原因」と思われる騒音。
日常生活における「望ましい音の大きさ」は40~50㏈と言われていますが、ただ音に関する人の認識は「十人十色」である以上、仮に生活音を配慮した生活を送っていたとしても、当時者にとっては「騒音認識」を持ってしまえば、それが騒音となってしまうので、解決するのが非常に難しいのが現状です。

また騒音が発生する=築年数が古い/木造や軽量鉄骨構造賃貸といった認識を持たれている方が多いと思われますが、管理会社の話によると、遮音性が高いと言われている鉄筋コンクリート賃貸や築年数が浅い物件においても、騒音問題は普通に発生しているとのことですので、もはやどの物件に入居しても、騒音問題を回避することは難しいのではと思われますが、ただ管理がしっかりしている物件においては、騒音問題の発生数は限りなくゼロに近いことから、騒音問題回避するためには、お部屋探しが非常に重要となります。

1.家賃が安い物件はNG

賃貸物件を探す時、家賃にかける予算は限られている方は多いと思われますが、生活費を少しでも抑えたい方は、家賃が安めの物件に入居したいと考えますが、ただ家賃が安い物件は「入居者の質が悪い場合が多い」ことから、可能であれば避けたほうがいいと思います。
もし、都合によってどうしても家賃を抑えなければならない場合には

管理会社が運営している仲介会社

で物件探しをされることをおススメします。
不動産仲介会社は、主に2つの分類に分かれていて、1つは管理会社直営の仲介会社、あと一つは仲介単独で行ってる会社となりますが、管理会社直営の仲介会社においては、物件詳細情報を確認することができるので、予算にあった部屋の中で少しでも快適に過ごせる部屋をご紹介することが可能となります。

2.ごみ置き場が汚い物件はNG

賃貸物件には原則として、敷地内にごみ置き場が設置されていますが、管理が徹底されていない物件においては、ごみ置き場が汚い/分別マナーが守られていないケースが非常に多く、ごみ置き場が汚い物件においては、やはりトラブル件数も多くなってしまいます。
一方、ごみ置き場や外観周りがきれいな物件においては、分別マナーをしっかり守っている人の割合が多くなるので、入居者の質がいいことが証明されることから、騒音トラブルといった迷惑行為をする方は殆どいないのが現状です。

3.新築物件は入居者属性がわからない

新築賃貸物件は、建物が完成する前から募集を行っていることから、完成前に部屋が満室になることはよくあることです。
入居される方全員が「はじめまして」となるので、管理会社としても「お客様の性格」を把握することができない以上、生活音のボーダーラインがわかりにくいのが現状。
一方、入居履歴がある物件においては、ある程度のお客様情報を把握しているので、生活音問題が発生したとしても、どのように対応すればいいのか理解していることがあるので、問題が長期化になるようなことにはなりにくくなります。

まとめ

賃貸の生活音問題は、どの物件でも起こりえる問題であることから、部屋探しは非常に重要となりますが、ただ管理が徹底している物件では、築年数関係なくトラブル件数はごくわずかと言っても過言ではないほど、とても少ないので、もし生活音が気になる方は、お部屋探しの時には、管理会社が運営している直営の仲介会社にご相談してみてはいかがですか?