ケーブルテレビ株式会社が『マネーフォワード クラウド債務支払』を導入決定

ペーパーレス化による"働き場所を選ばない仕事"の実現を目指す

株式会社マネーフォワードは、放送(デジタル多チャンネル放送)・通信(インターネット・電話)・電気を中心とした様々なコミュニケーションサービスを提供する、ケーブルテレビ株式会社が、債務管理システム『マネーフォワード クラウド債務支払』の導入を決定したことをお知らせします。

当社は、『マネーフォワード クラウド債務支払』の提供を通じて、ケーブルテレビ株式会社のペーパーレス化によるテレワークの推進と、現場と経理担当双方の業務効率化を支援してまいります。

導入の背景

ケーブルテレビ株式会社では、請求書の受領や納品書・注文書等との突合、支払処理システムへの入力までを経理担当が担っています。また、経理部門から発注・購買担当への回覧、支払手続きなどの請求書関連の業務はすべて紙で行われていました。そのため、経理担当や発注・購買担当、承認者は出社が必要なことに加え、支払遅延や支払漏れのリスクもありました。

こうした課題を改善し、ペーパーレス化による"働き場所を選ばない仕事"の実現のため、また、改正電子帳簿保存法対応の観点から、債務支払システムの導入を検討していました。

業務効率化とテレワークの実現性、改正電子帳簿保存法における電子保存・スキャナ保存への対応、他の会計システムとの連携、わかりやすいUIなどの総合的な判断の結果、『マネーフォワード クラウド債務支払』の導入を決定いただきました。

ケーブルテレビ株式会社からのコメント

経理課課長
今井 智英様

当社の経理部門は少人数のため、業務効率化が課題となっていました。特に、取引先から届く月500枚ほどの、紙とPDFが混在した請求書の取りまとめと支払業務の負担が大きくなっていました。また、紙の請求書の管理・保管は負荷が大きく、紛失のリスクもありました。さらに、振込作業では金額に間違いがないか何度もチェックするなど効率面での課題があり、改正電子帳簿保存法への対応も必要でした。

課題や検討ポイントが多かったため、ツールの比較検討にはおよそ半年間をかけましたが、機能面で重視していたのが会計システムへの連携でした。その点『マネーフォワード クラウド債務支払』は銀行振込APIによって、支払処理で作成した集計データを指定の金融機関へ連携できることが魅力的でした。

最終的に導入を決断した決め手は、営業担当者様をはじめ、関わっていただいた方の経理業務に対する深い理解と当社に合った提案でした。『マネーフォワード クラウド債務支払』導入後の経理業務の変化を楽しみにしております。

『マネーフォワード クラウド債務支払』について

『マネーフォワード クラウド債務支払』は、請求書やワークフロー管理に関わる業務を効率化するクラウド型債務管理システムです。購買・発注や請求書の支払における申請・承認・決裁のワークフローを、クラウド上で完結できます。紙の稟議書や請求書の回覧が不要になるため、ペーパーレス、ハンコレスでの対応が可能になります。また、外出先や自宅からでも申請と承認作業が可能なため、テレワークでも活用できます。
URL:https://biz.moneyforward.com/payable/

ケーブルテレビ株式会社について

名称  :ケーブルテレビ株式会社
所在地 :栃木県栃木市樋ノ口町43-5
代表者 :代表取締役社長 髙田光浩
設立  :1987年11月
事業内容:放送(デジタル多チャンネル放送)・通信(インターネット・電話)・電気を中心とした様々なコミュニケーションサービスを提供
URL  :https://www.cc9.jp/

株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社マネーフォワード 広報担当:稲増
E-mail:pr@moneyforward.co.jp