【アキヤノワダイ最新記事】 シェアキッチンで空き家活用|地域住民の交流の場、新たなスポット

9月4日に公開した最新記事「シェアキッチンで空き家活用|地域住民の交流の場、新たなスポット」をご案内いたします。

<公民連携によるシェアキッチン「コマワリキッチン」>
<公民連携によるシェアキッチン「コマワリキッチン」>

かつて、手塚治虫などの有名漫画家たちが下積み時代を過ごした「トキワ荘」のある豊島区南長崎。ジェクトワンは、“元祖シェアオフィス”があったこの街で、住民たちの要望を受け、「シェアキッチン」という新たなシェアリングサービスを開始しました。
本記事では、2019年1月に豊島区南長崎2丁目のトキワ荘通りにオープンした、豊島区初の公民連携によるシェアキッチン「コマワリキッチン」の事例を取り上げています。南長崎のエリア傾向や「コマワリキッチン」がオープンするまでの流れ、「コマワリキッチン」の特長、活用方法までをご紹介します。

本記事は、下記よりご覧いただけます。

*《ご参考》 空き家活用サービス「アキサポ」
「アキサポ」は、主に首都圏の空き家を借り受け、全額費用負担でリノベーション工事を行い、一定期間転貸するサービスです。空き家所有者は「アキサポ」を利用することでリノベーションによる空き家の価値向上と賃貸経営による家賃収入を得ることができます。また、街の資源である空き家の再生を通じて地域コミュニティの活性化に貢献しています。

サービス内容や活用事例など、詳しくは「アキサポ」のホームページおよびサービス紹介動画を、下記URLからご覧ください。