【本日公開】フロスト・アンド・サリバン旗盤イベントインテリジェントモビリティ2020

~ 加速するデジタル化:ポストコロナの回復、弾力性強化、成長へのロードマップ ~

Intelligent Mobility 2020 Summit ~The Digital Acceleration~

イベント日程

2020年11月24日(火)&25日(水)バーチャル会場:November 24th & 25th 2020 Virtual Summit

開催概要

新型コロナはモビリティ業界のコネクティビティ、自動化、シェア、電動化(C.A.S.E.)の4つのトレンドに影響を与え、新たな消費者行動、競争、イノベーション戦略、ビジネスモデルを生み出し続けることにも繋がっています。新型コロナによる危機は、モビリティのバリューチェーン全体においてデジタル化を推進するための大きな刺激をもたらしました。業界ステークホルダーは、より強固で弾力性のある未来のために、革新的でデジタルを活用したビジネスモデルと付加価値サービスにより、デジタルトランスフォーメーションを加速させようとしています。

デジタル化がどのようにモビリティ市場を進化させているかを理解することを目的とし、フロスト・アンド・サリバンは今年Intelligent Mobility Summit 2020のテーマを、「インテリジェントモビリティ:加速するデジタル化」としました。2020年11月24、25日の2日間に開催されるこのオンラインサミットでは、特にアジア太平洋地域の業界関係者が、ポストコロナのシナリオにおいて、ニューノーマルを理解し、モビリティの未来を形作るために役立つデジタルテクノロジーの未来について、独自の洞察を提供します。

パネルディスカッションおよびプレゼンテーションでは、以下の6つのテーマを取り上げます。
テーマ1:自動車におけるコネクティビティの変わりゆくパラダイム
テーマ2:新たなパラダイム:新たなビジネスモデル
テーマ3 : シェアモビリティの革新
テーマ 4 : 電動化と自動運転の加速
テーマ5:自動車業界におけるデジタルリテール
テーマ6:ラストマイルデリバリーの革新を探る

コネクティビティの機能とサービスが向上するなか、よりリアルタイムな車両情報の必要性と、プライバシーおよびデータセキュリティの懸念への取り組みを両立させることが課題となります。またモビリティ企業は、自社独自の戦略を進めるのか、オープンスタンダードによる高い相互運用性を実現させるのか、ジレンマに直面しています。

「ユーザーシップ型(所有するのではなく必要な時のみ利用)、サービスを中心としたビジネス、データのマネタイズ化によるビジネスなど、デジタル化により進化したビジネスモデルがモビリティのバリューチェーン全体に拡大しています」、フロスト・アンド・サリバン アジア太平洋地域モビリティ部門のアソシエイトパートナー兼バイスプレジデントのビベック・バイディアは話します。「スタートアップ企業が既存のバリューチェーンを破壊し、新たな事例を創り出し、価値創造に関する新たな思考を生み出しています。」

新型コロナにより大きな打撃を受けたシェアモビリティ分野の関係者は新たなアプローチを模索しています。例えば、幾つかのライドヘイリング、eスクーター、eヘイリングの企業は、サービスの対象を変え、急拡大している食事や食品のラストマイル配送に乗り出しています。

自動車の電動化および自動化は長期的な戦略であり、パンデミックの影響をほとんど受けていません。自動車メーカーは、循環型経済およびゼロのイノベーション(温室効果ガスを排出しない)の実現に向かいつつ、電気自動車/自動運転(EV/AD)プラットフォームとアーキテクチャーの開発を継続しています。

自動車業界のデジタルリテールはパンデミック下で大きく拡大しました。「顧客行動の変化により、自動車メーカーは、自動車の購入から配送までの流れを合理化し、非接触型の部品/サービスの提供およびオンラインの販売金融へのアクセスのしやすさを促進する必要に迫られています」、バイディアは言います。「同時に、このオンライン-オフラインの力学は、ディーラーの存在意義や流通モデルに変化を与えています。」

Overview

COVID-19 has affected the four cornerstones of connectivity, shared, electric and autonomous (C.A.S.E.) in the mobility industry, even as it continues to incubate new consumer behaviors, competitive responses, innovation strategies, and business models. The crisis has provided a massive impetus to digital initiatives across the mobility value chain. Stakeholders are accelerating digital transformation with innovative, digitally-driven business models and value-added services that will underpin the push towards a stronger, more resilient future.

To understand how digitization is reinventing the mobility landscape, the theme of this year’s Frost & Sullivan’s Intelligent Mobility Summit 2020 is “Intelligent Mobility: The Digital Acceleration.” The two-day online summit, scheduled to be held on November 24-25, 2020 will offer unique insights into the role of digital technologies in helping stakeholders, particularly across the Asia-Pacific region, navigate the new normal and shape the future of mobility in a post-COVID scenario.

Panel discussions and industry presentations will focus on six thematic areas:
Theme 1: Changing Paradigms of Connectivity in Vehicles
Theme 2: New Paradigms - New Business models
Theme 3: Evolution of Shared Mobility
Theme 4: Acceleration of Electrification & Autonomous Driving
Theme 5: Digital Retailing in Automotive Industry
Theme 6: Exploring Innovations in Last Mile Delivery

As connectivity capabilities and services improve, the challenge will be to reconcile privacy and data security concerns with the need for more real-time vehicle information. Meanwhile, mobility companies will confront the dilemma of whether to adopt go-it-alone strategies or push for greater interoperability and open standards.

“New digitally empowered business models—usership-based, services-oriented or data monetization-driven, among them—are gaining momentum across the mobility value chain,” notes Vivek Vaidya, Associate Partner and Senior Vice President, Mobility Practice, Asia Pacific, Frost & Sullivan. “Start-ups are upsetting traditional value chains, creating new use cases, and fostering novel ideas about value creation.”

Participants in the hard hit shared mobility segment are evaluating new business approaches. For instance, several ride hailing, e-scooters, and e-hailing companies are repurposing their offerings by riding on the boom for last mile food and grocery deliveries.

Vehicle electrification and autonomy are long-term strategies that have remained largely insulated from the impacts of the pandemic. Automakers are continuing to develop electric vehicle/ autonomous driving (EV/AD) platforms and architectures, while pushing forward on circular economy and innovating to zero practices.

Digital automotive retail has received a massive fillip during the pandemic. “Changing customer behaviors are compelling automakers to streamline the customer journey from vehicle purchase to delivery, and promote seamless access to contactless parts/services delivery and online retail finance,” says Vaidya. “Simultaneously, evolving online-offline dynamics are altering dealership and distribution models.”

テーマ&スピーカー/ Themes and Speakers

パネルディスカッション/ Panel Discussions

ゴールドスポンサー/Gold Partner

アソシエートスポンサー/Associate Partner

シルバースポンサー/ Silver Partners

メディアスポンサー/ Media Partners

ヒアテクノロジーの同時公開ウェビナーイベント/ Pararell Webinar

フロスト・アンド・サリバンについて

フロスト&サリバンは独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナー。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:ロビン・ジョフィ(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:ジャガーナウス・小俣・下村
Email: press@sivans.jp