新型コロナウイルスワクチン「職域接種」に協力する方針を決定 東大阪キャンパスで学生・教職員約28,000人への接種を準備開始

近畿大学(大阪府東大阪市)は、職域での新型コロナウイルスワクチン接種を開始する政府の発表方針を受けて、東大阪キャンパスにおいてワクチンの職域接種に協力する方針を決定しました。学生・教職員の早期のワクチン接種を実現し、対面授業の全面再開をめざします。なお、本学の学生・教職員の接種後には、ワクチンの確保と職域接種による接種対象範囲を確認した上で、地域住民等の接種にも協力することを検討しています。

【本件の概要】
開始予定  :令和3年(2021年)6月21日の週
会場予定  :近畿大学東大阪キャンパス
       記念会館(大阪府東大阪市新上小阪3-4)
想定対象人数:学生・大学院生 約25,000人
       教職員(非常勤含む)約3,000人
       合計 約28,000人
規    模:1日 最大3,000人規模の接種を計画中
ワクチン接種:打ち手は本学医学部・病院・メディカルサポートセンターの
       教職員が担当予定

【関連リンク】
近畿大学
https://www.kindai.ac.jp/