ナチュラルテイスト空間によくあう、おしゃれな白い床が標準装備。

賃貸のお部屋探しをする時、大抵の方は「物件見学」されると思いますが、その時「床の色」が明るめの色を使用しているのか、暗めの色を使用しているのかによって、部屋の印象は180度変わってきます。

実は床の色が「おしゃれ」なものでないと、たとえキッチンがおしゃれになっていても「台無し」になってしまいますが、この事実に気づいた方は「入居後」であっても「床材を変えたい」と思っています。

賃貸物件では「原状回復義務」がある関係で、退去時には「元通り」にしなければならないことになっているので、もし賃貸で床をおしゃれにしたい方は、上記の動画のように「マスキングテープ」の上に「クッションフロア」や「フロアタイル」等を置いて「完全に接着」させないように対応されている方が多いのですが、ただこのようなことをするのであれば、「最初からおしゃれな床が貼ってある賃貸」に入居したほうがいいのではないでしょうか?

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、2018年より空き室を順次「リノベーション」を行っています。

当物件のリノベーションは、自然素材を使用した「ナチュラルテイスト」に特化した部屋となっていますが、床材に関しては足音などの生活音対策のため「吸音効果」が期待できる「クッションフロア」を採用していますが、色に関しては「白系」を使用しているので、ナチュラルキッチンとの相性がとてもよく、室内空間はリノベーション前と比べると、見違えるぐらい明るくなったので、ご入居されたお客様からは、高い評価を頂いております。

リノベーション前
リノベーション前
リノベーション後
リノベーション後

上の2つの写真は、リノベーション前と後のLDK。
リノベーション後のLDKは、キッチン本体は同じではありますが、無垢材扉やペンダントライトを設置しているので、見違えるぐらいおしゃれなキッチンとなりましたが、床材を白系のクッションフロアを施工したので、室内空間が明るくなったばかりではなく、室内に白系を用いることによって、室内空間を広く見せる効果が期待できますので、家具などを置かれても圧迫感を感じることはありません。

自然素材の漆喰を使用しているので、室内空間が明るくなります。
自然素材の漆喰を使用しているので、室内空間が明るくなります。

ホワイトインテリアは、地味ではありますが、清潔感という部分ではホワイトインテリア空間に勝るものはありません。

入居すると「家具」や「家電」等を置いてしまうので、どうしても生活感が出てしまうので、だんだんつまらない部屋になってしまいますが、ホワイトインテリアの魅力は、基本的に家具や家電と合わせやすく、またアクセントで「観葉植物」や「おしゃれな雑貨」を置く事によって、お部屋がさらにおしゃれ空間になるので、おしゃれな生活に憧れを持っている方にとっては、魅力的な空間になるはず。

お部屋探しの際、参考になれば幸いです。

今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。