コロナの影響で出社は5日!理不尽な理由で不当解雇された組合員が団体交渉で解決金を獲得!

不当解雇された組合員が「みんなのユニオン」の団体交渉により解決金を獲得しました

「みんなのユニオン」は、無料オンライン労働組合です。このたび、入社して間もない組合員が理不尽な理由で違法に解雇されました。そのお悩みを、当ユニオンが団体交渉を行い、組合員が解決金を獲得する方法で解決しました。

コロナはいつ収束する?先の見えない戦い

新型コロナウィルスは、いまなお収束の目途が立ちません。

コロナの新規感染者が多い東京都では、新規感染者数が100人をきる日があったかと思えば、7月に入り100人を超える日が6日連続で発生しました。

そんな中、7月8日の新規感染者数は75人となり、「少し落ち着いたのかな?」と思った人もいると思います。しかし、そんなことはありませんでした。翌9日には224人という、過去最多人数を記録したのです。

PCR検査を積極的に行なっているとはいえ、その数字の多さには驚きを隠せません。

感染者の増加以外にも心配なことがあります。

それは、失業者の増加です。

当ユニオンは、不当な解雇、雇い止め、内定取消、セクハラに関して無料相談を受付けていますが、日に日にお悩みの電話が増え続けています。

その中の一人に、入社したばかりの会社から理不尽な理由で解雇されたという女性がいました。

出社した日はわずか5日!解雇理由は「熱意が足りない」!?

※プライバシー保護のため内容を一部変更しております。

転職し、4月から新しい会社で働くことが決まっていたFさん(仮名)。

Fさんが入社した会社は人に接する仕事なので、その人のためになろうと、働ける日を待ち望んでいました。

入社してから半年は試用期間という雇用契約でした。
すなわち、4月から9月が試用期間になります。

周知のとおり、4月はまさにコロナが猛威を振るう真っただ中でした。
そのため、勤務を開始したFさんが出社したのはわずか5日。その後は自宅待機を命じられました。

(せっかく働けると思っていたのに……)

自宅待機中のFさんは、つまらない思いを抱えていました。

その間の休業手当は、10割。
給料満額を払ってもらえるのでそこに関しては不満はなく、ただただ仕事ができないという気持ちをくすぶらせていました。

自宅待機から2か月が経ったころ、事態は動きます。

(社長に呼ばれたけど、営業開始するのかな?)

Fさんは社長から「話がある」と出社指示を受け、会社に来ました。やっと仕事ができるかもしれない……そのような期待を抱いて。

しかし、社長の口から発せられた言葉は、Fさんを奈落の底に落とすものでした。

「2か月見てきたけど、あなたに仕事を任せられないと判断しました。仕事をやめてもらいます」

続いて聞かされたのは、2つの理由です。

「あなたは仕事に熱意を感じられないし、コミュニケーション能力不足が見受けられます。今月末付けで退職届を出すように」

社長の無慈悲な言葉に、Fさんは思いました。

(まだ試用期間中で、しかも5日しか出社していないのに、なんでそう言い切れるの?)

しかも、これはどう考えても「会社都合」です。Fさんは再三社長と交渉し、「引き続き働きたい」、「会社を辞めるにしても、自己都合退職になるのはおかしい」旨を伝えましたが、聞いてもらえません。

(どうすればいいのだろう……)

困り果てたFさんは、インターネットで「みんなのユニオン」の存在を知りました。

2週間でスピード解決!70万円の解決金を獲得

Fさんは「みんなのユニオン」に相談し、そのまま団体交渉の依頼をしました。

(会社が団体交渉に応じてくれるのか……)

そのような不安があったFさんでしたが、みんなのユニオンから進捗状況の報告を受け、会社が

・団体交渉に応じてくれたこと

・解雇の違法性を感じていたこと

を聞きました。

(良かった……)

Fさんは胸を撫で下ろしました。

そして、無料相談と団体交渉の依頼をしてからわずか2週間……。

Fさんは70万円の解決金を獲得し、会社との不当な解雇問題は和解となりました。

コロナの猛威と時間差で来る解雇!他人事ではない

Fさんは、コロナの影響で自宅待機となり、その2か月後に解雇を言い渡されました。

いま、休業者数が増加していますが、休業者が必ずしも解雇されないとは限りません。

SNS上でも、

「休業明けに解雇された」

「休業中に解雇通告を受けた」

という声をよく聞きます。

コロナが落ち着いてきているから、解雇されないわけではないのです。

これからさらに、解雇は増えるかもしれません。

その中には、Fさんのように違法な解雇もあります。ただでさえ不安な世の中、違法な解雇をされたとき、泣き寝入りする必要はありません。

お悩みの方は、ぜひお気軽に「みんなのユニオン」に無料相談して下さい。
復職、もしくは解決金を獲得し、曇天の心を晴れやかにしましょう!

また、「みんなのユニオン」はYouTubeでも活動をしています。

YouTubeでは、働く人のためになる法律を分かりやすく解説していますので、こちらもぜひご覧ください。

お問い合わせ

【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:0120-984-406
(24時間365日受付:※休日夜間は受付専用となります)
担当者:細谷