【北海道 東川町】限定10脚。隈研吾氏がデザインし町内家具事業者が製作した椅子を、ふるさと納税の返礼品にて寄附募集開始

商品名は「スケスケ」と「マゲマゲ」。隈研吾氏と町内事業者が協力し、約1年かけてついに完成。

北海道 東川町では、建築家・隈研吾氏がデザインし、町内家具事業者が製作した2種類の椅子を、ふるさと納税の返礼品として登録し、11月4日より寄附の募集受付を開始いたします。「スケスケ」と「マゲマゲ」と題された2種類の椅子は、どちらも隈研吾氏がデザインし、「スケスケ」を株式会社ウッドワークが限定10脚で製作、「マゲマゲ」を株式会社プレステージジャパン(商品ブランド:TIME & STYLE)が50脚製作いたしました。

「スケスケ」製作:株式会社ウッドワーク/ 「マゲマゲ」製作:TIME & STYLE
「スケスケ」製作:株式会社ウッドワーク/ 「マゲマゲ」製作:TIME & STYLE

世界的建築家の隈研吾氏と東川町は、隈研吾&東川町「KAGUコンペ」の開催や隈建築都市設計事務所の新拠点を東川町が建設した「KAGUの家」に開設するなど様々な連携を進めています。新型コロナ感染症の拡大から急速に普及したリモートワークでの働き方が日常となり、ワークスタイルが多様化する中で、固定された職場からの解放など、隈氏が新たなオフィスの在り方を提唱するとともに、国内有数の家具産地である東川町との建築と木工家具が連携することにより地域経済の発展を図ることも期待されています。

今回は、その取り組みの一つとして、隈氏がデザインし、高い技術を持つ東川町内の家具事業所が制作したオリジナル椅子の開発が実現しました。この2商品については、ふるさと納税の返礼品として登録し、11月4日より寄附の募集をスタートいたします。

隈研吾氏からのメッセージ

東川町の雄大な自然と家具の技術力の高さに出会って、この町だからできる椅子を造りたいと思いました。
スケスケは東川町の自然に溶けてしまうような、繊細さを追求しました。3ミリという薄い材料を紡いで出来上がった椅子は、東川町の家具の技術力の高さを発信できたと思います。
マゲマゲは9ミリという極薄の積層合板を曲げて接着することによって、薄さと強度を両立し、しかも、人間の体の曲線に馴染む、有機的なカーブを持つ椅子になりました。
隈 研吾

隈研吾氏デザインの椅子(オブジェ)「スケスケ」

■商品名:「スケスケ」
3mmの木材を紡ぐことで現れた、東川町の自然に溶ける椅子
■寄附額:2,000,000円
■製作:株式会社ウッドワーク
http://www.wood-work.co.jp/
■数量:限定10脚
※隈研吾氏直筆サインをしたプレートに、シリアルナンバーを記載(1/10~10/10)
■原材料:ブナ
■発送時期:11月上旬より随時発送
■取り扱いの注意:本商品は、実用タイプに使用できる強度を確保した椅子ではないため、鑑賞用の椅子として使用ください。
■商品申込先 東川町ふるさと納税サイト
https://higashikawa-town.jp/kabunushi/made/detail/378

製作担当事業者 WOODWORK 代表 岡村様 コメント

この1年間のなかで、3~4回隈研吾さんとお話をさせていただきつつ、多くの試作を経て完成した椅子です。
成形合板という技法でブナ材1.5㎜を2層にした3㎜の座と背の部材と1.5㎜を4層にした6㎜の脚の部材を相欠きと竹釘とボンドの接着のみの構造で成り立たせています。
スケスケは、完成版もあわせて全部で3つの試作品を製作しています。2つめの試作品では、スチールボルトを入れて強度を増し、50kgほどの耐久性を確保して着座もできるところまで進んだのですが、強度と引き換えに、実は最初期の隈研吾さんのデザインイメージからは離れていました。
2回目の試作品から次のステップに進むときに、隈さんから「当初のデザインでなんとか完成させたい」というリクエストといただきました。
これだけの薄さと補強の無い曲線構造で、強度を保つことは非常に難しいのですが、最終的に金属材は一切使わず、相欠き、竹釘、ボンドのみの構造だけで強度を保つ方法を試行錯誤し、この形に至りました。
なんとか座れる製品にしたいという思いの中で、それには至りませんでしたが、1年間をかけてさまざまなチャレンジさせていただく中で、職人達の技術力の向上、研鑽になり、とても良い経験をさせていただいたと感じています。

隈研吾氏デザインの椅子「マゲマゲ」

■商品名:「マゲマゲ」
一般的な建築資材である合板を曲げ加工して作り上げた、やわらかい椅子
■寄附額:300,000円
■製作:株式会社プレステージジャパン(商品ブランド:TIME & STYLE)
https://www.timeandstyle.com/jp/
■数量:50脚
※隈研吾氏直筆サインをしたプレートに、シリアルナンバーを記載(1/50~50/50)
■原材料:シラカバ、トドマツ
■発送時期:12月より随時発送
■商品申込先 東川町ふるさと納税サイト
https://higashikawa-town.jp/kabunushi/made/detail/379

製作担当事業者 プレステージジャパン 吉田様 コメント

マゲマゲは3枚の平板(9mm)を緩やかに曲げて、前脚と座面、座面から後脚、そして後脚から背と繋げた成型合板の椅子。成型合板とは、木材を1mm程に薄くスライスした単板を一枚ずつ重ねて接着し、熱を加えながら型にはめて曲面上に曲げる技術です。今回選択した素材は北海道を代表するシラカバ(広葉樹)とトドマツ(針葉樹)。今まで、強度や耐久性を必要とする椅子に針葉樹を利用することはありませんでしたが、7枚に積層(7プライ)した合板の内部5枚は強度のあるシラカバを使い、表裏の2枚は針葉樹のトドマツを採用することで強度不足を解消し、当社の耐久基準である10万回の繰り返し強度試験に合格しました。

隈研吾氏からマゲマゲの製作依頼の際に、北海道の森をイメージできること、そして今までにない座り心地を実現するために、家具の素材としては未利用材であったシラカバとトドマツを採用しました。道産材の針葉樹と広葉樹の比重の違いから生まれる絶妙なスプリングバック(はね返り)の座り心地と自然環境に配慮したサスティナブルチェアの一脚と言っても過言ではありません。今回の初回限定50脚はエディションNo、隈氏の直筆シグニチャーモデルとなる逸品です。

本商品の閲覧について

建築デザインに共鳴するかたちでうまれた隈研吾氏のプロダクトの数々。日本伝統工芸の技術や素材に影響を受け、海外にも紹介されてきた隈氏のスモールプロダクト、極小のモノのデザインをプロダクトと建築写真で見る展示です。建築よりももっと身近な形で隈氏のデザインに親しむことができます。展覧会期中、「スケスケ」「マゲマゲ」も展示いたします。

【隈研吾スモールプロダクト展】
会期 令和4年11月3日(木・祝)~11月23日(水・祝)
   10:00~17:00(月曜休館 ※11月12日(土)は臨時休館となります)
入場 無料
会場 せんとぴゅあⅠ ギャラリー2