今までになかった!新しい地域社会の活性化モデルで日本全体を再興

村をまるごとプロデュースして持続可能な地域社会を実現

株式会社リバイタライズジャパン(本社:京都府京丹後市 代表:三本 大介)は、6月26日(日)に、野間連合区主催のもと、住民の健康に対する知識と意識を向上させ、健康寿命延伸を実現するサービス『野間の保健室』を野間連合区にある弥栄いきがい交流センター(京丹後市弥栄町野中2247番地)で開催する。

『野間の保健室』が開催される野間地区(京都府京丹後市)
『野間の保健室』が開催される野間地区(京都府京丹後市)

限界集落にある隠れたコンテンツをブランド化

京都府の北部、京丹後市にある野間地区は人口約150名。住民の9割は高齢者という、典型的な限界集落である。
弊社では、米どころ京丹後のなかでも、とりわけ米づくりに適した山間の限界集落である野間地区で生産されるお米にフォーカスし、野間地区の再構築に向けたアクションを展開した。
2020年より野間地区で生産される米を「野間-NOMA-」とブランド化して販売を開始した。
この地区で生産されるお米は、過去、食味値調査で91点を獲得した国内最高品質クラス。一方、お米一粒にこだわる京都人ならではの職人気質がゆえに、生産量は多くない。このため、市場に流通しくく、全国での認知度は低かった。まずは、それを改善し、生産者と消費者をつなげた。
現在はネット販売のみだが売れ行きは順調。今後は海外の飲食店との提携など、世界展開も視野に活動をしている。

幻のコシヒカリ『野間 -NOMA-』_野間地区の隠れたコンテンツであったお米をブランディング
幻のコシヒカリ『野間 -NOMA-』_野間地区の隠れたコンテンツであったお米をブランディング

生活の安心感と都市部とのコミュニティの醸成で地域に活力を

弊社では、お米のブランディングに続き、全国から医師や看護師、薬剤師をはじめとする医療関係者や優れたテクノロジーをもつ医療系ベンチャーらを集めて、地域住民の健康に対する知識と意欲の向上を目的としたヘルスケア事業『野間の保健室』を立ち上げた。
『健康』をキーワードに、高齢者が多く、限界集落のため医療・福祉サービスの提供者が限定的である地域に、自分の体のことを身近に相談できるコミュニティを形成し、住民の安心感を醸成している。

コミュニティ運営は、全国から集まる医療関係者や医療系ベンチャーであり、地域住民が若く新しい風を感じることで、若々しく気持ちで日常生活を送ることができるきっかけにもなっている。

『野間の保健室』とは

『野間の保健室』では、体成分測定器や骨密度測定器など、自分自身の健康状態を測定する機器が設置さている。住民は無料で使用することができ、興味のある健康測定器具を使用する。
測定結果について分からないことがあれば、運営スタッフである医療関係者に相談でき、自分の体のことを知ることや、健康に過ごすための自分自身の日常生活を考えるきっかけとなる。

真の意味で持続可能な地域社会を構築するとは

弊社では、地域資源のブランディングを通じて、地域の”稼ぐ力”を地域住民と共にデザインしている。
弊社が販売するお米の売上の一部は、『野間の保健室』の運営費用として充てられる。
村の持つコンテンツの稼ぐ力を向上させ、そこで得た収益をもとに地域社会が持続する事業へ投資する。
このサイクルを回していくことで地域の魅力が磨かれ、幻のコシヒカリ『野間 -NOMA-』のファンをはじめ、関係人口も順調に増加している。

今、最も元気な限界集落は、京丹後にある。

『野間の保健室』_開催の様子
『野間の保健室』_開催の様子

会社概要

社名 :株式会社リバイタライズジャパン
代表者:代表取締役 三本 大介
所在地:京都府京丹後市弥栄町野中1600
設立 :2020年4月
URL :https://www.revitalizejapan.co.jp

幻のコシヒカリ『野間 -NOMA-』のご購入はこちら
https://revitalizejapan.stores.jp/


お問い合わせ先

株式会社リバイタライズジャパン(担当:三本)
電話番号:0772-66-3075
E-mail:info@revitalizejapan.co.jp