チャットボットの効果測定ポイント8つ│検証すべきKPI(指標)を解説

チャットボットの効果測定ポイント8つ│検証すべきKPI(指標)を解説|トラムシステム

コールセンター・コンタクトセンターの業務効率化や応対品質向上に効果的なチャットボット。しかし、実際にどれくらいの効果が得られるのかや、どのように効果検証を行うべきか分からないという担当者も多いでしょう。

チャットボットとは人工知能(AI)技術を活用した自動応答システムです。
お客様やオペレーターなどの利用者が入力するテキスト・音声に対して、事前に登録した想定質問と回答セットの中から近いものを選択して返答します。
チャットボットに使われる人工知能(AI)技術は年々進化を続けており、簡単な質問であれば人間のオペレーターと遜色ない回答が可能です。近年ではさまざまな業種・業界のコールセンターで導入が進められています。

この記事ではチャットボットの一般的な効果・メリットを解説すると共に、導入後に継続して効果測定・検証するための実践的なやり方を詳しく紹介します。

該当記事はこちらから▶︎ https://www.tramsystem.jp/voice/voice-4309/