山梨で賃貸探しをする時、家賃相場はあくまでも参考程度にとどめた方が絶対いい。


賃貸物件を探される時、自分達が住みたいエリア周辺の「家賃相場」がどのくらいなのか、ある程度把握しておきたいと考えている方は多いのではないでしょうか?

部屋探し中に発見した希望通りの部屋が、家賃相場と比べると「高くなっている」とどうしても損したような感じになってしまいますが、ただ賃貸における家賃相場に関しては、あくまでも参考程度にしておいた方が無難で、もし入居後「快適な生活」を送りたいのであれば、絶対に家賃相場は考えないほうが、後悔しない確率は高くなります。

1.家賃相場の仕組みとは?

賃貸物件を探す時、おそらく多くの方は「大手賃貸サイト」を活用されたことがあるのではないでしょうか?
賃貸業界において、お部屋を募集する場合「大手賃貸サイトに物件情報を掲載」するのが当たり前の時代となっていることから、必然的に「ある程度の家賃相場」はすぐにわかってしまいます。

新築物件や人気エリアにある物件ならば、集客が苦戦することがないので、比較的高い家賃設定であっても、成約になる確率は高いものの、築年数が10年以上経過してくると、競争力が低下してくるので「家賃を値下げ」しなければ、集客することが難しくなる場合があります。

1度でも家賃を下げてしまうと、エリア内にある競合他社も「同じように家賃を値下げ」してくることから、家賃相場は資産価値が下がりやすくなる「築10年」と「築20年」を皮切りに、一気に値下げ傾向となります。

2.値下げ物件がよい物件とは限らない

家賃相場を気にした部屋探しをしていると、それ相応の部屋となってしまうので、快適に過ごすことができない恐れがあります。

特に家賃相場に沿った家賃設定をしている物件においては、「できる限り投資は行わない」意向が強くなるので、例えば退去を機に「古いエアコンを新しいものに変えよう」という考えは、まず毛頭なく、ご入居されたお客様は「夏場の電気料金が高額」になっていることにびっくりされるはず。

また設備不良が発生した場合、原則的には貸主であるオーナーさんが費用を出して新しいものに交換するのが一般的ですが、家賃相場に沿った家賃設定をしている物件では、交換ではなく修理して使用するところも実際にはあり得る話なので、その部屋で暮らしている方にとっては「また設備不良になる確率が高くなる」ことにつながることから、快適な生活を送ることは難しくなってしまいます。

さらに家賃が相場並みもしくは相場以下の物件では、それ相応の方が入居してくることから、入居者の質も当然悪くなってしまい、トラブルに巻き込まれてしまう確率が非常に高くなります。

3.部屋探しをする時に重要なこととは?

賃貸の部屋探しをする時、家賃相場は気にな所でもありますが、ただ部屋探しにおいて一番重要なことは、「入居後快適に暮らすことができるかどうか?」ではないでしょうか?

部屋探しをする時は、当然ながら支払える家賃には上限があるので、上限に合った部屋を中心に部屋探しを行わなければなりませんが、その時に「この部屋は家賃相場と比べると高いからパス」といった考えで部屋を決めてしまうと、大抵はハズレ物件に入居してしまいます。

山梨県は「全国でも空き室率が多い県」ということもあるので、特に賃貸市場においては「家賃値下げ」が横行しています。家賃を値下げしている物件の大多数が「設備投資をしない」ところとなっているので、当然ではありますが「設備が新しい物件」と比べると、月々のランニングコストに差が出てしまうので、住居費が高くなってしまいます。
もし家賃を抑えたいのであれば、リノベーション物件もしくは、管理会社直営の仲介会社において「予算に合った部屋」を紹介してもらうのが一番。


リノベーション物件は、築年数が経過しているのが唯一のデメリットではありますが、室内設備は基本的に「一新」されているので、快適に使用することができ、しかもおしゃれ空間となっていることから、古さを感じることはまずありません。また家賃も新築物件と比べるとリーズナブルとなっているので、予算的に新築には住めない方にとっては、おススメの物件といえそう。

一方、予算が限られていたとしても、管理会社直営の仲介会社に、その旨を伝えてもらえれば、予算に合った部屋を紹介してもらえるだけでなく、物件評判をダイレクトに聞くことができるので、入居可否を決めやすくなる点においては、オトクと言えそうです。