アシスト提供の「Unified Functional Testing」と「Operations Orchestration」を東京ガスiネットが採用

~テスト・稼働確認業務の自動化で品質向上と業務効率化を実現~

株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下:アシスト)が提供する「Unified Functional Testing」と「Operations Orchestration」(開発元:マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社)を、東京ガスiネット株式会社(本社:東京都港区、URL:http://www.tg-inet.co.jp/、以下:東京ガスiネット)が採用し、システム品質向上および工数の大幅削減に成功しました。

東京ガスグループ唯一の情報システム会社として、重要な社会インフラであるガスの調達・輸送・製造・供給をITで支える東京ガスiネットの導管ソリューション部 GISグループでは、ガス管の整備管理のために利用する約40種の地理情報システムを開発・運用しています。同システムは、ガス管の工事からガス漏洩検査など、日常的なガス供給、防災・保安に大きな影響を及ぼすため、常に正常稼働することが求められています。有事の際にも利用できるよう毎日早朝に人手で行う稼働確認や、システムの操作方法やノウハウが属人化することで緊急時の対応が懸念されたことから、作業自動化に対する要求が高まっていました。加えて、システム改修時には、品質確認のために必要な数千に及ぶテストを手作業で行っており、テスト時の人員確保やシステムの品質保証にも課題を抱えていました。

そこで、アシストからの提案を受け、機能テスト実施時の画面操作や証跡取得、システム稼働確認時の画面操作など、各種作業の自動化を目的にUnified Functional Testingを採用しました。さらに、Unified Functional Testingへの定期的な実行命令や結果判定、メール通知などの運用面の自動化を行うためにOperations Orchestrationを採用した結果、以下の効果が得られました。

・システムのリリース時だけでなく日常的にユーザー目線での動作確認を実施し、システム品質向上を図るとともに、約1人月弱/年の省力効果を発揮できた
・半年に1度発生するテスト工程の全作業を自動化し、テスト実施漏れを防止することで、約10人日/回の工数を削減できた
・担当者に依存しないテストや稼働確認の仕組みと情報共有によって、属人化が排除され、現場の業務改善に貢献した

今後GISグループでは、2020年度にかけてグループ内の約30のシステムをクラウド環境へ移行予定であり、Unified Functional Testingで作成済のテストシナリオをそのまま利用することで、テスト期間の大幅短縮を見込んでいます。また、削減された時間を利用して業務棚卸を進めることで、さらなる効率化や業務自動化を検討する予定です。

業務自動化の流れ
業務自動化の流れ

本事例の詳細URL:https://www.ashisuto.co.jp/case/industry/public/tg-inet_uft-oo_2019.html

----------------------------------------------------------------------
■「Unified Functional Testing」(UFT)について
----------------------------------------------------------------------
Unified Functional Testingは、日本市場で20年以上の実績がある機能
テストツールです。幅広い対応環境と高い操作性から様々なプロジェクト、
テスト担当者に採用いただいております。機能面では、豊富なチェックポイント
(テストの成否を判断する機能)やパラメータ機能(データ駆動テストで使用)
、エラーハンドリング機能等、テストで必要な機能が豊富に実装されています。
さらに画面のないサービスコンポーネントのテストツールと統合され、コード
を書かずにWebサービスのテストスクリプトを作成できるようになりました。

----------------------------------------------------------------------
■「Operations Orchestration」について
----------------------------------------------------------------------
Operations Orchestrationは、定型的な運用オペレーションを自動化する、
RBA(RunBook Automation)を実現する製品の1つで、あらゆるオペレーション
業務を自動化して統合管理します。マニュアルや手順書を使って実施していた
定型/定常的な運用オペレーションから、複数システムやサーバを跨いだ
煩雑な操作手順まで、あらかじめ用意されたテンプレートを繋ぎ合わせること
でフロー化できます。GUI上で簡単にフローを作成できるため、操作も簡単です。

----------------------------------------------------------------------
■ニュースリリースに関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社アシスト 広報担当:田口、土岐
TEL:03-5276-5850 URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

----------------------------------------------------------------------
■「Unified Functional Testing」、「Operations Orchestration」
に関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社アシスト 東日本技術本部 システム基盤技術統括部
担当:飯塚、清水
TEL:03-5276-5565
Unified Functional Testing:https://www.ashisuto.co.jp/prod/uft/
Operations Orchestration:https://www.ashisuto.co.jp/prod/oo/

----------------------------------------------------------------------
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問
 い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されること
 があります。あらかじめご了承ください。