初のアニメーションで “食べる前に、のむ”ことをコミカルに表現

大正漢方胃腸薬 新CM放送開始

新CMイメージ画像
新CMイメージ画像

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区 社長:上原 茂](以下、当社)は、漢方の力で、弱った胃の機能を高める「大正漢方胃腸薬」の新テレビCM「大正漢方童話劇場 浦島太郎」篇を12月1日(金)より放映開始します。

1978年の発売以来、多くの方々にご支持をいただいてきた『大正漢方胃腸薬』は、弱った胃の働きを活発にする「安中散(あんちゅうさん)」と、胃の緊張をほぐし痛みを和らげる「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」を組み合わせた独自処方の胃腸薬です。2つの漢方処方により、胃の本来の調子を取り戻します。

今回の新テレビCMは、大正漢方胃腸薬としては初めてとなるアニメーションで、誰もが知る童話「浦島太郎」を題材とし、胃もたれがあるときに“食べる前に、のむ”ことの重要性をコミカルに伝えるオリジナルストーリーとなっています。キャラクターの声やナレーションには、多数の人気TVアニメ等でご活躍中の声優江口拓也さんと早見沙織さんに務めて頂きました。 主人公の浦島太郎が“竜宮城の夢のようなごちそう”を、胃の不調を理由に泣く泣く諦めるシーンなどを独特のユーモアあふれる声で演じて頂いています。

また、今後本篇の第二弾となるオリジナルアニメーションも展開予定です。
これらのアニメーションCM等を通じて、大正漢方胃腸薬ファンの方はもとより、今まで大正漢方胃腸薬を手に取ったことの無い方にも、大正漢方胃腸薬をご支持いただけるようなコミュニケーションを展開してまいります。

◇ CM概要
 ・タイトル:
「大正漢方童話劇場 浦島太郎」篇 <30秒、15秒>
「大正漢方童話劇場 浦島太郎、帰る」篇 <15秒>
 ・放映開始日:12月1日~
 ・放映エリア:全国TV(地上波)、YouTube、TVer、ニコニコ動画

◇ 「大正漢方胃腸薬」ブランドサイト https://brand.taisho.co.jp/kanpou/

◇ 製品概要

製品概要
製品概要

◇ 生活者の方からの製品に関するお問い合わせ
大正製薬お客様119番室  TEL:03-3985-1800