柴田ケイコ最新絵本『ぱなしくん』のモデルは息子たち お片づけしない男の子のお話が発売即重版

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)は、2022年2月12日に『ぱなしくん』(柴田ケイコ作・絵/税込1,540円)を発売しました。本書は、累計24万部突破の「しろくま」シリーズ(PHP研究所)をはじめ、2021年の未来屋絵本大賞やTSUTAYAえほん大賞第1位を2年連続受賞した「パンどろぼう」シリーズ(KADOKAWA)などを代表作に持つ、絵本界きってのヒットメーカーである柴田ケイコさんの最新作です。著者が長男次男の「お片づけ問題」に着想を得た本作には、「うちの子かと思った」という全国のパパやママから共感の声が届いています。その反響の大きさを受けて、発売から10日で5,000部の重版を決定しました。

柴田ケイコ作・絵『ぱなしくん』表紙
柴田ケイコ作・絵『ぱなしくん』表紙

お説教ナシで「お片づけする子」に

ブロック大好きな息子さんたちは、遊んだあとも出しっぱなしの「ぱなしくん」でした。当時の柴田ケイコさんは、その片づけに時間をとられてばかりでしたが、同時に「この日常を描きたい」と考え続けていました。じつは、「ブロック遊びは敷物の上で。好きなだけ散らかしても、敷物ごとまとめれば入れ物にザザッと戻すだけでOK」というアバウトなルールを導入した柴田さんもまた、「片づけはそれほど上手ではない」と自覚している一人。だからこそ、「お片づけしなさい」というお説教ではなく、「ぱなしくんだと、ちょっと困る時が来るよ」「お片づけって難しくないんだよ」というメッセージを込めて、片づけ絵本『ぱなしくん』をユーモアたっぷりに描いたのです。

『ぱなしくん』について

「ぱなしくん」は、かたづけが にがてな おとこのこ。なんでも そのままにしちゃうから ぱなしくんって よばれてる。
「ぱなしくん」は、かたづけが にがてな おとこのこ。なんでも そのままにしちゃうから ぱなしくんって よばれてる。

こんなお話

ぱなしくんは、遊んだおもちゃなどなんでもちらかしっぱなしでかたづけない男の子。愛犬「モジャ」もお手入れしていないからもじゃもじゃ。
ぱなしくんの毎日は、朝、なかなかおきずにねっぱなし。朝ごはん、食べたうつわはおきっぱなし。毎日同じ服、きっぱなし。ぱなしくんのお母さんには、「こんなにちらかしていると、ごっちゃおばけがやってくるわよ」と、言われてしまいます。

著者メッセージ

片付けは私もそれほど上手ではありません。でもそれほど難しいことではないこともわかっています。ちょっぴりぱなしくん・ぱなしさんから脱皮する一歩をふみだして欲しいと思っています。

柴田ケイコ(しばた・けいこ)
イラストレーター。
高知県高知市出身在住。
奈良芸術短期大学ビジュアル学科卒。
2003年JEANSFACTORY CONTEMPORARYARTAWARD優秀賞入賞。
第10回ノート展準大賞。広告全般、出版物、web用あらゆるジャンルでイラスト制作に活動中。最近では土佐和紙を使用した立体物や、紙もの雑貨にも展開中。
著書に『めがねこ』(手紙社)、『ぽめちゃん』(白泉社)、『ぱぱんがパン!』(アリス館)、『パンどろぼう』(KADOKAWA)、「しろくま」シリーズ(PHP研究所)などがある。

書誌情報

タイトル:ぱなしくん
作・絵:柴田ケイコ
対象年齢:4~5歳から<PHPにこにこえほん>
定価:1,540円(10%税込)
判型:A4変型判上製
発売日:2022年2月12日
ISBN:978-4-569-88039-6
発行:株式会社PHP研究所
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-88039-6