第58回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール 「受賞スペシャルサイト」のお知らせ

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会(理事長:伊藤雅俊 味の素株式会社 取締役会長)は、第58回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクールの「受賞スペシャルサイト」を協会Webサイトにて動画配信いたしました。

第58回JAA広告賞には、新聞、雑誌、ラジオ、デジタル、屋外・交通、テレビの6部門に、1500点を超える各社が創意工夫を凝らした広告作品が寄せられ、70点の作品が入賞いたしました。

今回は、最高賞であるJAA賞グランプリの、味の素(新聞広告・雑誌広告)、パナソニック(ラジオ広告)、東日本高速道路(デジタル広告)、南海電気鉄道(屋外・交通広告)、クボタ(テレビ広告)の各社と、受賞作品に携わったベストパートナー賞受賞社、また、経済産業大臣賞の東海テレビ放送(テレビ広告)、それぞれの受賞インタビューと受賞作品を動画配信し、受賞社の栄誉を称えるとともに、JAA広告賞の意義を幅広く伝えることといたしました。

【テレビ広告部門】株式会社クボタ:壁がある。だから、行く。「Try For Dreams.」篇
【テレビ広告部門】株式会社クボタ:壁がある。だから、行く。「Try For Dreams.」篇
【デジタル広告部門】東日本高速道路株式会社:父と母の卒業旅行 ~The Last Long Drive~
【デジタル広告部門】東日本高速道路株式会社:父と母の卒業旅行 ~The Last Long Drive~
【屋外・交通広告部門】南海電気鉄道株式会社:世界初!?で超めでたい!電車の夫婦にこどもが誕生
【屋外・交通広告部門】南海電気鉄道株式会社:世界初!?で超めでたい!電車の夫婦にこどもが誕生

■全入賞作品について
協会ホームページ http://www.jaa.or.jpにて公表しています。

■JAA広告賞とは
審査員に広告の関係者を含まず、広告の受け手である消費者が生活者の視点から審査を行う世界でも類を見ない大きな特徴を持つ総合広告賞です。
今年度は、新聞、雑誌、ラジオ、デシタル、屋外・交通、テレビの6部門合せて1544点の応募がありました。「好感、共感、親近感が持てる広告であるか」、「わかりやすく、納得できる広告であるか」、「オリジナリティが感じられる広告であるか」という審査基準のもと、111名の消費者審査員が約1ヶ月間に渡り選考しました。

■公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会について
日本の有力なアドバタイザー企業・団体自らが共同して、広告活動の健全な発展のために貢献することを目的として活動する公益社団法人です。マーケティング・コミュニケーションにデジタルを活用すべく研究・情報収集を行っているWeb広告研究会を有し、「人材育成事業」「調査研究事業」「表彰事業」「啓発普及事業」「相談助言事業」「他団体への支援連携事業」「広報事業」の7つの事業を基に、活動しています。
正会員社276社 賛助会員社(Web広告研究会)363社(2020年8月31日現在)

この件に関するお問い合わせ先

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 JAA広告賞事務局
東京都中央区銀座3-10-7 ヒューリック銀座三丁目ビル 8階
☎ 03-3544-6580 FAX 03-3544-6581 〒104-0061 
e-mail:contest@jaa.or.jp