キンコーズが児童サッカーイベントに端材を使った優勝メダルで知育支援 ~コロナに負けず頑張っている子ども達を応援~

キンコーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡辺 浩基、以下 キンコーズ)は、スポーツファシリティ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:富澤 翔太、以下 スポーツファシリティ)が運営する「tobigeri.jp」主催のイベントに関連する大会に、端材を使った優勝メダルの提供を開始しました。

勝利の証となるメダルで環境保全を学ぶ機会に

スポーツイベントに参加する子供たちが喜べるアップサイクル品の提供を通じ、環境保全を学ぶ機会になるのではと考え、大会ごとに異なるオリジナルデザインを施した優勝メダル(写真右)を協賛をすることにしました。その第一弾として、スポーツファシリティ主催の児童サッカーイベント“TOBIGERI FESTIVAL”に優勝メダルを提供します。このメダルは、新型コロナウイルス感染症の対策として用いられる、アクリルパーテーションの切り抜き時に出てしまう端材や回収したアクリル材を活用しています。また、首掛けリボンの部分は、屋外イベントなどに使われる横断幕の端材から作られています。子供たちが手にする物にアップサイクル品を使うことで、資源循環を身近に感じる機会になればと考えています。

コロナに負けず頑張っている子ども達を応援

スポーツファシリティは、サッカーをはじめスポーツする子供たちの運動環境の整備、技術の発展を支援するためスポーツクラブのコンサルティング、各種イベントの開催を通じスポーツの力でより良い社会づくりの実現のために活動しています。2012年に地域のサッカークラブ運営から始まった取組みは、市外、県外、全国と範囲を徐々に広げ、児童サッカーの祭典となる“TOBIGERI FESTIVAL”の開催にまで広がりを見せ、今では全国大会優勝といった子供たちの“夢”をつくっています。当社は、かねてからサステイナブルな社会の実現に向け知育支援とアップサイクル品の開発に力を入れており、スポーツファシリティが企画するイベントへアップサイクル品の提供をすることにいたしました。これからも様々なスポーツイベントにメダルを提供することで、新型コロナで運動する場が制限され、スポーツ協会が主催する大会の中止が相次ぐ中、頑張る子供たちを少しでも応援できればと考えています。

お問い合わせ先

アップサイクルについて

キンコーズ・ジャパン株式会社 店舗ビジネス推進部 イベント推進チーム
MAIL:BKJ_Event@kinkos.co.jp

tobigeri.jp、TOBIGERI FESTIVALについて

スポーツファシリティ株式会社
URL:http://tobigeri.jp/

会社概要

私たちは、「想いを創り、伝えるに寄り添い、世界に彩りを」をVISIONに掲げお客様と共に、ニューノーマルのその先を一緒に目指したいと考えています。 当社は、お客様のライフとビジネスに寄り添い、サステイナブルな社会を実現するオンデマンドソリューションサービスのサプライヤーとして様々なお客様のニーズにお応えしてきました。有人接客型プリントサービスのキンコーズ店舗及びコワーキングスペースのツクルワークの店舗運営事業をはじめ、顧客の業務改善を支援するプラットフォームソリューションの開発・運用支援を行うデジタルソリューション事業、屋内外の装飾・展示会の出展向けの大型インクジェット出力・加工・施工から、ショッピングモールでの販促支援室の運営、セールスプロモーションにおける企画立案・デザインなどのマーケティングサービス事業と多岐にわたるサービスを展開しています。

会社名 : キンコーズ・ジャパン株式会社
所在地 : 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング27階
代表者 : 代表取締役社長 渡辺浩基
設立  : 1991年12月24日
資本金 : 1,377,500千円
従業員数: 1,121名(2021年3月15日現在)
URL   : https://www.kinkos.co.jp/corporate/

報道関係お問い合わせ先

キンコーズ・ジャパン株式会社 CXブランド推進室 E-mail: koho@kinkos.co.jp

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。