大雪被害にあった福井県産野菜の応援購入プロジェクトを開始

クラウドファンディングサイト「アグリッシブ」で4/9から開始しています

JA全農のグループ会社である全農ECソリューションズ(株)が開設したクラウドファンディングサイト『AGRISSIVE!(アグリッシブ)』にて、4月9日から5月30日の間、大雪被害にあった福井県産野菜の応援購入プロジェクトを開始します。

 福井県では例年にない大雪のために、園芸農業施設やビニールハウス損壊などの深刻な被害にあいました。被害にあった生産者の中には、育てていたほとんどの農作物が倒壊したハウスの下敷きになってしまった方もいます。

 AGRISSIVEでは、大雪被害を乗り越えて農業を続ける福井県の農家さんたちの応援プロジェクトを実施いたします。プロジェクトのリターン品は、福井県の朝どれ野菜の詰め合わせです。この機会に全国の皆さまに福井県の野菜を食べていただき、福井県の農業の魅力を知っていただきたいです。

「AGRISSIVE!」プロジェクトページ https://agrissive.com/shop/g/g0500/

プロジェクト紹介

実行者  :JA福井県
目標金額 :20万円
募集期間 :2021年4月9日~5月30日まで 
リターン品:JA福井県が運営する直売所「丹生膳野菜」「きららの里」の朝どれ野菜

リターン紹介

食と農のクラウドファンディングサイト「AGRISSIVE!」について

AGRISSIVEでは、自然災害で被災した産地・生産者の農畜産物の応援購入プロジェクト、新規作物の栽培にチャレンジしたい生産者や六次産業化商品を開発したい事業者のプロジェクトなどを、クラウドファンディングサイトを通して応援いたします。
支援者のみなさまには、プロジェクトを通して実行者からの活動報告を配信、プロジェクトが成立した場合はその産地ならではの特産物をリターン品として送るなど、産地とのつながりを育みます。